元Jリーガーのフッキ、日本の急成長ぶりに驚嘆 「日本人選手の質は非常に高い」

写真拡大

18日にACL準決勝第2戦で浦和と対戦 「浦和はホームで強い」と警戒

 浦和レッズは9月27日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦で、上海上港(中国)に敵地で1-1と引き分けた。

 18日に本拠地で行われる第2戦を突破すれば、2007年にACLを制覇して以来の決勝進出となる。その大一番を前に、かつてJリーグに所属した上海上港の元ブラジル代表FWフッキが“日本凱旋”に向けて語った。FIFA(国際サッカー連盟)公式サイトのインタビューで答えている。

 ACL準決勝第1戦では、前半15分にフッキの左足が炸裂した。浦和MF青木拓矢を振り切ると、ゴールから約25メートルの位置で左足を強振。地を這うような弾道のシュートがゴールネットに突き刺さった。アジアサッカー連盟(AFC)公式ツイッターも「雷のような一撃」と称えている。浦和も負けじと同27分、青木からのパスをFW興梠慎三が落とし、走り込んだMF柏木陽介がボレーで同点弾。結局、試合はそのまま1-1で終了した。

 フッキは第2戦に向けて、「浦和レッズは、日本屈指のチームの一つだ。彼らはホームでとても強い」と警戒を強める一方、ACL優勝に向けて自信も覗かせている。

「ただ僕らのチームも状態は良い。僕がここに来てからチームはものすごく向上してきた。団結力があるし、チーム内での競争力も高まっている。このチームでタイトルを獲りたいし、アジア制覇が目標だ。もちろん、それで代表チームに招集されたら最高だね」

Jリーグ時代を回想「日本の発展を見てきた」

 フッキは2005年に初来日し、川崎フロンターレ、(北海道)コンサドーレ札幌、東京ヴェルディに在籍。2008年夏にポルトガルのポルトへ移籍するまで、Jリーグで約3年半プレーした経験を持つ。以降は一気に頭角を現し、2009年にブラジル代表に初招集されると、長年主力として活躍。母国開催の2014年ワールドカップにも出場を果たした。

 圧倒的なフィジカルの強さを誇る“怪物”にとって、海外初挑戦となった日本は思い出深い場所のようだ。「日本でプレーした経験がある」と当時を回想。さらに「近年、日本サッカーがどれだけ発展してきたのか見てきた。日本人選手の質は非常に高い」と、その成長ぶりに目を細めている。

 日本凱旋を果たすフッキ。浦和戦に向けて意気込みを語るなか、日本のサッカーファンの前でどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images