中山雅史

写真拡大

14日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、ゴン中山の愛称で知られるサッカー選手・中山雅史が守った約束を、小倉智昭が明かした。

番組では、ゲスト出演した小倉の交友関係を取り上げた。VTRで紹介した小倉の自宅には、サッカー日本代表のサイン入りユニホームやプロ野球選手のサイン入りボールなどが飾られていた。

小倉によると、譲り受けたユニホームのなかには、日本が初出場を果たした1998年のワールドカップフランス大会で中山が着用したものもあるのだとか。小倉はフランスへ出発前の中山に「もしも点取ったらさ。そのユニホーム、相手選手にあげないで俺に持ってきて」と、要望していたそうだ。

結果、中山は見事にこの大会で日本人初の得点をあげる。小倉は、試合終了後に中山が相手選手とユニホーム交換しないだろうかと不安だったそうだ。しかし、中山は約束を守り、帰国後に小倉に自身のユニホームを進呈したとのことだった。

中山とのエピソードに共演者たちが驚くと、小倉はスポーツに関するコレクションの一部について、北海道・釧路の体育館に展示していると紹介する。理由について「少しでも見てもらった方がいいかと思って」と説明した。

【関連記事】
小倉智昭の選挙報道をめぐる率直な意見に共演者も苦笑
小倉智昭が「とくダネ!」高視聴率で金一封を告白…視聴率8%で1万円
米軍ヘリが民間地で炎上 小倉智昭は沖縄県民に「気の毒」と同情