高打点のヘディングを決めた札幌FWジェイ

写真拡大

[10.14 J1第29節 札幌3-0柏 札幌厚別]

 14位北海道コンサドーレ札幌がホームで3位柏レイソルに3-0で勝利した。上位撃破の立役者となったのは、今季4得点目を含む2ゴール1アシストの活躍を見せたFWジェイ。札幌は4試合ぶりの白星をつかみ、降格圏内16位甲府との勝ち点差を暫定で4に広げた。

 札幌は前節・広島戦(1-1)から先発1人を変更。MF兵藤慎剛が2試合ぶりにスタメン出場し、3-4-2-1のシャドーに入った。一方の柏は前節・甲府戦(0-1)から2人を入れ替え。DF鎌田次郎とFWディエゴ・オリヴェイラが4試合ぶりに先発起用された。

 試合の入りは柏がサイド攻撃でゴールを襲う展開となるが、ピンチをしのいだ札幌が前半15分に先制。左サイドのMF荒野拓馬が右足でストレート性の柔らかいクロスを送り、PA内やや右のジェイが鎌田に競り勝って頭で落とす。最後はゴール前でマークを外したMF宮澤裕樹が確実に右足で押し込んだ。

 宮澤の今季2点目で均衡を破った札幌はその後、FWクリスティアーノやディエゴ・オリヴェイラにチャンスを与えるシーンもあったが、無失点に抑えつつカウンターで追加点を狙う。前半38分には右サイドのMF早坂良太からのスローインを宮澤が胸トラップし、ゴールライン際から上空に打ち上げるようなクロス。ファーのジェイが中途半端に飛び出したGK中村航輔に高さで上回り、ガラ空きのゴールにヘディングを決めた。

 柏はハーフタイム明けから手を打ち、DF小池龍太に代えてチーム2位の9得点を記録しているFW武富孝介を投入。しかし、次の1点を奪ったのも札幌だった。後半6分、左サイドでのパスワークからMF石川直樹が右足でクロスを上げ、DF古賀太陽の死角に入ったジェイがファーからヘディングシュート。好反応を見せたGK中村にかき出されるも、その前にゴールラインを割ったと判定され、リードを3点に広げた。

 無理に攻める必要がなくなった札幌が守備に重心を置き始めたことで、さらに難しい状況へと追い込まれた柏。パスを何本もつないで相手を押し込みながら最後の崩しの部分で打開策を見いだせず、2試合連続のノーゴールで2連敗を喫した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第29節1日目 スコア速報