松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

CIMBクラシック3日目、9バーディー、ノーボギーの「63」で“らしさ”を披露

 米男子ツアーの2017-18シーズン第2戦「CIMBクラシック」は3日目の14日、世界ランク3位の松山英樹(レクサス)が怒涛の5連続バーディーを含む9バーディー、ノーボギーの猛チャージ。「63」で回って通算15アンダーの暫定3位タイまで順位を上げ、今季ツアー初優勝に望みをつないだ。

 “松山らしさ”が戻って来た。

 初日は2アンダーの23位タイとやや出遅れたが、2日目にスコアを4つ伸ばして通算6アンダーの8位タイからスタートした松山。3連続パー迎えた4番パー3でこの日初めてのバーディーを奪うと、そこから一気にエンジン全開。8番でショートパットを決めるまで怒涛の5連続バーディーを決め、前半だけでスコアを5つ伸ばした。

 後半も勢いは止まらず、10番パー5でバーディー。さらに、16番では第2打で残り98ヤード(約90メートル)の距離からピンそばにピタリとつけ、しっかりとバーディーを奪った。PGAツアー公式ツイッターも華麗なアプローチに「わずかに及ばず」と動画付きで紹介した。松山は17番、18番でもバーディーを奪い、この日は9バーディー、ノーボギー。スコアを9つ伸ばし、通算15アンダーと暫定3位タイで3日目を終えると、PGAツアー公式ツイッターは再び「バーディーの波が来た」と速報した。

 ホールアウト時点で単独首位のパット・ペレス(米国)とは5打差。今季ツアー初優勝を懸けて最終日に臨む。