スマホで手軽に画像を修正できる

写真拡大

 画像投稿SNSのInstagram(インスタグラム)人気が高まるにつれ、「インスタ映え」という言葉も広まった。ファッション関係に人気が高いこのSNSでは、数多くのモデルが競い合うようにフォトジェニックでオシャレな、インスタ映えする自撮りを投稿し続けている。インスタ映えする自撮りへの執着から起きる様々な問題について、ライターの森鷹久氏がリポートする。

 * * *
「正直、ちょっと異常かなと思います。旦那さんもお子さんも気の毒で……」

 現役読者モデルのマユミさんがこういって見せてくれたのは、知人の読者モデル・A子の「インスタグラム」の画面だ。そこには、まさに「インスタ映え」するような場所で撮影された人物やモノの画像が溢れんばかり。現役の「読モ」であることを鑑みれば当然だが、筆者のようなオッサンからしてみれば、まあよくも毎日毎日、こんなに投稿することがあるなと感心するばかりだ。

 世の中の多くの若者が、いや、主婦や中年女性にもインスタグラムにおしゃれな写真をアップし続ける人が多いというのだから、筆者が時代についていけないだけか。一方で、インスタ映えさえすれば、立ち入り禁止の危険な場所に入って撮影したり、綺麗で可愛く盛り付けられたアイスが撮影後に食べられることなく破棄されたり、などといった問題もあるようだ。

 マユミさんによれば、A子のインスタグラムにも、あまりにも行き過ぎたある「問題」が存在するという。

「A子は、インスタにあげる写真を全て自分で加工します。顔はより小さく、エラを削って目は二重の幅を広くし大きく、もちろん黒目も大きく。胸は膨らませてウエストをキュッとさせて、足も伸ばす。女性誌に載ってる整形の広告、まさにアレですね」

 確かにA子のインスタグラムに挙げられたセルフィー(自撮り写真)は、どれも何と無く違和感を覚えるモノばかり。画像が妙に荒れていたり、二人で並列に並んでいるはずなのに、遠近感を感じてしまうほどにA子の顔だけが縮んでいたりする。顔の輪郭やスタイルはとても日本人のモノと言えるような造形をしていない。

「止まれ」の標識のような頭部に、風船を二個詰めたようなバスト、ウエストは折れそうなほど細く、足はどこまでも伸びる……まるで下手なデッサンのお手本のような頭身とバランスだ。マユミさんが続ける。

「読モだから”どんな写真が映えるか”はよく知っています。私たちだって、インスタにあげる写真の撮り方をたくさん研究している。でもA子のは異常。A子のインスタには、A子風のA子ではない、もっと美人な架空の誰かが掲載されてるだけ。人に見られる商売をしていると、多少感覚が麻痺していくのはわかりますが、A子みたいに暴走しちゃってる子は何人かいます。そしてネットで叩かれている……」

 A子同様、過剰に自身の演出をしていると噂されているフリーモデル・B美を販促イベントに呼んだことのある、渋谷区内にあるアパレル店のプレス担当者も次のように証言する。

「インスタなどのSNSを拝見して、影響力がありそうだと思って店頭販売イベントに来てもらったんですが……。身長もスリーサイズも事前に聞いていたのとは全く違い、急遽着てもらう衣装を差し替えた。SNSやショー出演時の写真と比較しても全くの別人。B美さん目当てで来たお客さんですら、一目でB美さんと気がつかないレベル。うちの店で撮られたB美さんの無修正写真がSNS上に出回り、ちょっとした騒ぎになりました」

 さらには、B美が出演していたファッションショー関係者も、ため息交じりに話す。

「とにかく写真のチェックというか、修正が厳しい。ショーの告知に使う写真をカメラマンが撮影しても、データを持ち帰って自分で修正したモノを載せろ、と言ってくる。ショー後にホームページへ載せる写真も同様です。カメラマンは当然怒っちゃうし、何しろ、ほかの子たちに混じって一人だけ”蝋人形”みたいな写真ですから浮いちゃって浮いちゃって……。結局、B美の写真はホームページから削除しました」

 このような「過剰演出」は、読者モデルよりも自意識の高い、歌手、芸能人になればなおさらだ。某歌姫、人気ハーフタレントのそれぞれのインスタグラムには「背景に写り込んだものが不自然に伸びている」本人の写真がアップされ、一部で話題にもなった。かわいい、きれいと言ったファンからの書き込みに混じって、彼女たちのたゆまぬ努力(?)を揶揄するような書き込みも散見される。

 そして10月1日、フランスでは「モデルの体型を加工した商業写真」には”修正写真”と印づけることを義務付ける法律が施行された。違反した場合には最大3万7500ユーロ(約500万円)の罰金が科される。先立つ5月には痩せすぎモデルの起用が禁止され、ディオールやグッチなどのブランドが痩せすぎモデルの起用をしないと宣言したというから「過剰演出」の現象が世界中に蔓延し、問題になっていることが判るだろう。フランスでは、あまりに現実離れしたモデルを意識するがあまり、無理なダイエットなどで時には死に至るティーンエイジャーが増加しているとのこと。

 日本ではここまでの事態には陥っていない。だが、様々な弊害はすでに出始めている。前述の現役読者モデル・マユミさんは、特にA子の例を挙げ、警鐘を鳴らす。

「自分の加工だけなら何も言いません。でもA子は最近、自分の子供の写真まで加工するようになりました。あれじゃ、子供が学校で”お前、写真と全然違うな”といじめられるかもしれない。さらにA子は、自分のスタイルは良く見せるくせに、一緒に写ったモデル仲間を太くしたり”自分より劣っている”ように見せるようにもなりだした。もはやA子の写真に写りたいという読モはいませんが、今にトラブルが起きますよ」

 A子やB美を見ていると、ネットは気持ち悪いオタクたちが「現実逃避」のためにのめり込む電脳世界、仮想空間だと揶揄された時代のことを思い出す。自意識の高さが故に、過剰に演出された自画像をも本当だと思い込み、理想と現実がごちゃまぜなって、もはや逆転すらしているようにも見える。自分だけで完結していれば、イタい人というだけで終わるが、他人を貶めることを手段として利用し始めるとやっかいだ。自意識過剰も結構だが、他人に迷惑をかけるようになってはオシマイだ。