中村がCKから直接ゴールにねじ込んだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ29節]清水 0-3 磐田/10月14日/アイスタ

 J1リーグは10月14日、29節の7試合を開催。IAIスタジアム日本平では、清水エスパルス対ジュビロ磐田の静岡ダービーの一戦が行なわれ、アウェーの磐田が3-0で完勝した。

【清水0-3磐田 PHOTO】磐田が3-0で静岡ダービーに完勝

 試合は序盤、清水が出足の鋭い守備でリズムを掴む。しかし、磐田の堅守になかなかシュートを打ち切れない。

 すると、磐田はカウンターから徐々にペースを掴み、27分には川又堅碁からのスルーパスに抜け出したアダイウトンが持ち込み、カットインから右足を振り抜く。シュートはクロスバーを叩きながらもゴールに吸い込まれ、磐田が先制に成功する。

 清水は前半アディショナルタイムに松原后が乱暴行為で一発退場に。前半でひとり少ない状況に追い込まれた。前半は1-0で磐田がリードして折り返す。

 後半、清水は金子翔太に代えて、清水航平を投入。4-4-1の布陣で反撃を試みる。立ち上がりは清水が攻勢を仕掛けるものの、やはり前半同様その勢いを磐田がいなし、徐々にペースを引き戻す。

 そして62分、アダイウトンの仕掛けからCKを得ると、キッカーは中村俊輔。右コーナーからのキックは、クリアに入った角田誠の足をすり抜け、そのままゴールに吸い込まれた。中村のゴールで磐田が2-0とリードを広げる。

 さらに磐田は73分、アダイウトンに代わって入った山田大記がこぼれ球を押し込んで3点目。清水をさらに引き離す。

 磐田は終盤、堅い守りで清水の攻撃をしっかり撥ね返し、機を見たカウンターで追加点を窺う。結局、静岡ダービーは3-0でタイムアップ。磐田が敵地で完勝した。

 磐田は勝点を大台の50に伸ばし、一方の清水は同29にとどまった。