2011年撮影、バチカンのローマ法王庁・韓大輝(ホン・タイファン)大司教。このたびの解任は、中国との国交樹立のための措置とみられている (Alberto Pizzoli/AFP/Getty Images)

写真拡大

 バチカンのローマ法王庁により、中国の共産主義体制へ強い懸念を示してきた一人の大司教が、要職から解任されていたことが分かった。60年以上も断交している両国は近年、法王フランシスと中国政府の接近により、国交樹立の可能性が取りざたされている。

 任を解かれたのは、ローマ法王庁の聖省の一つである福音宣教省大臣・韓大輝(ホン・タイファイ、香港)大司教。バチカンの福音宣教省大臣を7年務めた韓司教は、同国宣教活動のトップ2の高位だった。法王フランシスが9月28日に発表した。

 フランス新聞紙「La Croix」(ラ・クロワ)によると、韓氏は、法王フランシスコの中国政権との和解政策に反対する最年長の司教の一人であったという。

 韓氏は今後、ギリシャのアテネに移り、法王の外交代表(日本の外交官)にする。しかし67歳の韓氏に外交経験はまったくない。周囲は、この人事異動を、中国と国交樹立させるための措置と推測している。

 バチカンと中国は1951年以来、外交関係は断絶している。中国政府は、国内のローマカトリック教会のすべての司教任命権を管理すると主張しており、バチカンがこれを拒んできたためだ。

 いっぽう、バチカン側は、中国政府が管理する中国カトリック教会の代表的権威「愛国カトリック協会(CPCA)」を、同教会として認めていない。

 2013年に選出された法王フランシスコは、中国との関係改善に積極的な姿勢を見せている。これまで2度訪中し、2017年2月には北京で、中国の司教を任命する権限に関する合意を発表した。

 韓氏は、2009年に引退した香港の司教・陳日君(チェン・リージュン)枢機卿の友人だと知られている。韓氏と同様に、陳氏は中国共産党政権と多くの人権侵害や宗教迫害に対して強く反対してきた。最近、陳氏は、法王フランシスの対中国共産党政府の姿勢を批判する最も有名な人物となっている。

 陳氏は、今回の人事異動について「やっと韓氏は、彼(法王)から逃がれることができた!しかしギリシャは、香港よりかは遠くはないだろう」との皮肉を自身のブログに投稿した。

 陳氏は今週にかけて、米国とカナダ各州を訪問し、中国共産党政権との取り引きについて、法王とバチカン当局の間違った楽観的な見方を連日批判した。また、ワールド・ジャーナル中国語版にて「中国政府は交渉で何も譲歩していない」と語り、法王は中国共産党をよく理解していないと指摘した。

 法王フランシスコが中国との関係改善を求めており、反対意見を聞きいれないことが、今回韓氏の事例で明らかになった。

 大紀元はバチカン政府広報部に取材を試みたが、いまだ回答を得ていない。

(文=ポール・ファン/翻訳編集・齊潤)