8月13日の甲府戦以来となるゴールを挙げたジェイ。1試合2ゴールは移籍後初だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ29節]札幌3-0柏/10月14日/札幌厚別公園競技場

「クロスからのシュート練習をやったから、結果につながった。これから、ファンたちと一緒にススキノに行こう!」
 試合後のヒーローインタビューでこう答えたのは記念すべきJ通算300勝、残留に近づく1勝に導いたジェイだった。
 
 リーグ戦3試合勝利のない14位の札幌は、ホームに3位の柏を迎えた。立ち上がりから試合の主導権を掴んだのはアウェーチームだったが、札幌は粘り強く対応して勝機をうかがう。そして、迎えた15分。荒馬拓馬のロングフィードをジェイが頭でゴール前に落とすと、宮澤裕樹が右足で豪快にネットを揺らした。
 
リード後も耐える時間が長くなった札幌。それでも、守備陣が高い集中力を発揮し、簡単に崩されない。すると、38分だった。早坂良太のスローインから宮澤が右サイドからクロスを供給。これに合わせたジェイが、日本代表のGK中村航輔の上を行くヘッドを見舞って追加点を奪った。
 
 迎えた後半も札幌が堅守速攻が冴えわたる。51分には石川直樹のクロスから、ジェイがヘディングで3点目を奪取。小池龍太を下げ、武富孝介を入れて前に圧力を掛けてきた柏をあざ笑うかのように、限られたチャンスを確実に生かした。

 その後もタフな守りで相手の攻撃を跳ね返し続け、終わってみれば3-0の快勝。ジェイが2ゴール1アシストの活躍を見せた札幌は、4試合ぶりの勝ち点3とJ通算300勝を掴み、残留に希望を灯す1勝を挙げた。

【日本代表PHOTO】2点を先行も崩壊し、ハイチと引き分けるのが精一杯…