北朝鮮の対韓国窓口団体・民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは13日、韓国の文在寅政権を糾弾する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、文在寅政権が圧迫と対話の並行を基調とした対北政策を打ち出していることに対して、「全く実現不可能なきわめて矛盾的で荒唐無稽な詭弁であり、保守一味が追求してきた反統一的かつ反民族的な対決政策のコピーにすぎないということについて聞き分けられるほど忠告した」と述べた。

つづけて、「南朝鮮当局はそれにあくまでも背を向けて米国の機嫌を取りながら反共和国制裁・圧迫騒動にいっそう執ように執着することによって、北南関係遮断のかんぬきをより深くさした」と糾弾した。

さらに、「特にとんでもないのはいまだに北を制裁、圧迫して対話に臨まざるを得なくするという妄想をしていることだ」と嘲笑した。

その上で、「再度明白に言うが、対米追従と北南関係の改善、制裁・圧迫と対話は絶対に両立しない」とし、「米国の機嫌を取りながら無分別に振る舞っていれば、北南関係の改善はさておいて、惨たらしい大惨禍だけを呼びつけることになる」と述べた。