「i love magazine」の編集長になった高橋愛。自分の大好きがたくさん詰まった一冊に笑顔を弾けさせた

写真拡大

元モーニング娘。の高橋愛が10月13日、東京・カルチャーエージェントカフェ渋谷店で、自身4冊目となるパーソナルブック「高橋愛責任編集 i love magazine」(宝島社)のサイン本お渡し&握手会の発売イベントを行った。

【写真を見る】この日のファッションのポイントは、洗練された落ち着きのある女性。「いつもの高橋っぽいより、編集長な感じです」と大人っぽさをアピール

小さい頃から雑誌が大好きだったという高橋が編集長に就き、ファッション、メイク、フォト、おしゃれのお悩み相談など、様々な記事を企画したこだわりの1冊。自分の大好きな物ばかりをぎゅっと詰め込んだというように、ページの中には夫・あべこうじの写真もあるが、本人に見せたら「いやいや、もっと格好良い写真あったでしょ」と言われたとか。

ファッションコーディネイトアプリ「WEAR」では179万人フォロワーを持つが、その支持される理由には「“背が小さい”というコンプレックスをプラスに転換して、自分なりにコーディネイトしているところに共感してもらえたのかも」と控えめに分析。

高橋は以前、番組企画でモーニング娘。の後輩たちをスタイリングしたことがあり、「それがすごく楽しくて、もし2冊目が作れるなら、その時は後輩たちをスタイリングして、コンプレックスとかがあるならそこを改善したりっていうのをやってあげたい」と、優しいリーダーだった彼女らしい言葉を送った。

また、「ファッション、洋服が好きなんだなって子は分かるんですよ。工藤(遥)なんかは特にそうで、何を着ても似合うから、(番組企画の時は)つい後回しにしてました。何でも似合うから最後でいいやって(笑)」と、12月11日(月)にモーニング娘。'17を卒業する後輩・工藤遥とのエピソードを明かしてくれた。

15歳でモーニング娘。になった彼女も、今年で31歳。'18年について、「今年はモーニング娘。が20周年を迎えた記念の年で、先輩たちと一緒に活動する機会が多いんです。来年はそこで振り返った初心を忘れずに、改めて活動してこられたことへの感謝を大事にする年にしたいなって。20周年、これからもいろいろ活動していくと思うので、先輩たちから刺激を受けて、吸収する年にもしたいと思います」と目標を語った。