皮肉るレヴァンドフスキ「バロンドール選定法は『ファニー』という言葉がお似合い」

写真拡大

▽バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがバロンドール選定法に苦言を呈した。イギリス『Squawka』が報じた。

▽2017年におけるバロンドール候補30名が先日発表。ワールドクラスのストライカーとして名を馳せるレヴァンドフスキもノミネートされたが、今回の最有力受賞者にレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドを推す声が多い。レヴァンドフスキも同賞を自身が手にするとは全く考えておらず、選定法を問題視した。

「50位、5位、25位の選手を公表する意味がわからないね」

「重要なのは上位3人だけ。去年はあと少しのところだったから、なんて言えば良いんだろうね…ショックだったよ」

「バイエルンでプレーして、CL準決勝のピッチにも立った。ブンデスリーガでたくさんゴールを決めたし、CL得点ランキングでも2位だったのに…」

「あの順位だった理由がわからないね。可笑しな話だよ。この状況には、『ファニー』という言葉がピッタリさ」