Image: ポルシェジャパン

たか安い。

今も昔も、あこがれのスポーツカー「ポルシェ」。実際に買おうと思うとものすごい金額の貯金を用意するか、高額なローンを支払うか……という選択を迫られますが、ポルシェは車両を月額で利用できるサブスクリプションサービス「Porsche Passport」を海外でスタートすると発表しました。

Porsche Passportでは契約代金に応じて、さまざまな車両を体験することができ、好きなタイミングで車種を変更することも可能だそう。たとえば月額2,000ドル(約22万4000円)のLaunchプランでは「718ボクスター」や「718ケイマンS」などの6車種が利用可能。月額3,000ドル(約34万円)のAccelerateプランでは「カイエンEハイブリッド」や「911カレラS」「マカンGTS」などの22車種が選択できるというのです。おお、911カレラもアリですか!

月額2,000ドルや3,000ドルと聞くと尻込みしてしまう人がほとんどだと思いますが、このプランには車両の登録代金から保険、税金、メンテナンス費用などが含まれると考えれば、ある意味格安。もちろん車両を数年以上所有する予定があれば購入してしまったほうが安いと思いますが、ポルシェの購入を迷っている方にはぜひおすすめしたいプランです。

サービスは今年の11月から、アメリカのアトランタでスタートする予定です。車両はアプリから気軽に選択でき、変更も簡単。サービスへの登録には500ドル(約5万6000円)が必要ですが、サービスの利便性を考えれば安いもの…かもしれませんね。

このようなサービスはポルシェだけでなく、アウディやボルボも提供しています。もし将来的に日本でもサービスが展開されたら、僕も試してみたいかも…?



Image: ポルシェジャパン
Source: Porsche Passport, The Verge, CNN

(塚本直樹)