仲村美海

写真拡大

“逸材すぎる”グラドルとして、今年4月にデビューした仲村美海。先日2018年版のカレンダーが発売され、10/15(土)には女優としてドラマデビューも果たすなど、今注目の彼女を直撃!

【写真を見る】仲村美海の“逸材すぎる”美BODY!

――「週刊プレイボーイ」で“顔見せにきた新人が逸材すぎて、プロフィール用の写真を緊急掲載!”という内容のキャッチコピーで紹介され、プロフィール写真がそのままグラビアデビュー作品に。グラビア好きの間では話題となりましたね。

ありがとうございます。でも実は、自分ではあまり載った感覚がなかったんです(笑)。

キャッチコピーのとおり、プロフィール用の写真を掲載していただいたので、プレイボーイさんの撮影もなかったですし。

掲載後しばらくして、見てくれた友達から「あの週刊プレイボーイに載ってるよ!」と言われたときに、自分でも少し実感できて嬉しかったですね♪

――先日発売された「仲村美海 2018年版カレンダー」(トライエックス)には、その話題となったプロフィール写真が使用されているそうですが、約半年前の写真をご自身で見ていかがでしょう。

緊張しているのが分かります(笑)。初めての水着撮影だったんですが、恥ずかしさより緊張感の方が強くて。

「ちゃんと出来るかな?どのような感じで撮影するのかな?」という不安ばかりでしたから。

だけどカメラマンさんやスタッフの方達がいい雰囲気を作って下さって、いい表情を切り取って下さったので有り難いです。

もう少しリラックスした状態だったら、また違った写真になったと思うのですが、“最初の撮影”でしか出ない初々しさがあって、これはこれで良かったと思います。

特に手や足先に緊張が出ているので、それもある意味では見どころのひとつです(笑)。

――テレビドラマ※にも初出演されるそうですね。以前から女優業にも興味が?(※10/15朝10:00〜「庶務行員・多加賀主水が許さない」テレビ朝日系)

映画やドラマなどがずっと好きだったんです。素敵な作品に出会えると何回も何回も、見直して見るという癖があって(笑)。

まさか自分がドラマに出演できるとは思ってもなかったのですが、チャンスがあれば挑戦したいとは思っていました。

――初めてのドラマ撮影現場、いかがでしたか?

たくさんのスタッフさんや演者さんが、1つの作品を作るために懸命に動いていることに感動しました。だから、一緒にお仕事ができて光栄でした。

お話をいただいたときから、もちろん私も一生懸命演じようとは思っていたのですが、現場のみなさんを見ていて、さらにモチベーションが上がったんです。

――苦労した点はありますか?

“演じる”ということを難しく考えすぎてしまい、すごく悩んでしまったんです。

そんな私に監督さんやプロデューサーさん達が、丁寧に演技指導をしてくださったんですよ。あらためて「ありがとうございました!」と、お礼を言いたいです。

――お仕事の幅が広がっていきますが、今後の目標は?

ひとつひとつのお仕事を大切に、感謝の気持ちを忘れずにお仕事をしていきたいです。また、いただいたお仕事を受身でこなすだけではなく、積極性を持って自分でしっかり考えることが必要だと考えています。

今月28日に、さきほどお話したカレンダーの発売イベント※があるんですが。こういったイベントは初めてで、みなさんの声を生で聞けるというのがとっても楽しみなんですよ。(※10/28 福家書店・新宿サブナード店 カレンダー発売記念握手会)

グラビアも演技も、もちろんイベントも、見ていただく人の心に残るように、これからも頑張っていきたいですね。