ライスバーガー

写真拡大

バンズの代わりにご飯を使ったライスバーガー。モスバーガーでは定番メニューとして根強い人気がありますが、実は余ったご飯などで簡単に作れるようです。再現度の高いライスバーガーレシピと、アレンジメニューを紹介します。

●定番!きんぴらライスバーガー

ライスバーガーと言えば真っ先に浮かぶ人も多いであろうきんぴらバーガー。ご飯に合う和風の味付けがたまらないレシピです。

【材料】

・きんぴらごぼう…適量

・ご飯…茶碗1杯

・しょうゆ…大さじ½

・砂糖…大さじ1/2

・のり…適量

【作り方】

1)温めたご飯をラップで挟んで軽くつぶす

2)ご飯を2等分にし、丸く平らに伸ばす

3)ごま油をひいたフライパンで、2の片面に軽く焼き色が付くまで焼く

4)裏返してしょうゆと砂糖を合わせた調味料をハケやスプーンで片面に塗る

5)再度ひっくり返し、焼き上がったらきんぴらごぼうとのりを挟んで完成

余ったご飯ときんぴらで作れる無駄のないレシピ。砂糖しょうゆを塗ることで、一気にお店の味に近くなります。

●チンジャオロースの中華ライスバーガー

ライスバーガーを中華風にアレンジ。ライスに卵を混ぜることで、色も鮮やかになり、子どもも大喜び?

【材料】

・豚こま肉…120g

・水煮タケノコ…20g

・ピーマン…1個

・しいたけ…1個

・卵…1個

・オイスターソース…大さじ1

・酒…小さじ1

・かたくり粉…小さじ1

・砂糖…2つまみ

・塩こしょう…少々

・ご飯…200g

【作り方】

1)ピーマン、しいたけ、タケノコを千切りにする

2)豚肉に塩こしょう、酒で下味を付けてかたくり粉をまぶしておく

3)フライパンにごま油を入れ、肉をほぐしながら火を通す

4)しいたけ、ピーマン、タケノコを入れて軽く塩こしょうをし、炒める

5)オイスターソースと砂糖を入れてよく混ぜる

6)溶き卵にご飯を入れて混ぜる

7)5とは別のフライパンにご飯を入れ、箸で形を整えながら弱火で両面を焼く

8)チンジャオロースを焼き上がったご飯に挟んで完成

ライスバーガーのライスが崩れやすいという欠点を卵で補ったレシピ。崩れにくいので四角やハート型など、形もいろいろアレンジできます。

●がっつり食べたいときに!焼きそばライスバーガー

育ち盛り子どものお弁当にもよさそうな炭水化物同士のがっつりメニュー。

【材料】

・焼きそば…1人前

・玉ねぎ…1/4個

・ご飯…500g

・しょうゆ…大さじ1

・マヨネーズ…小さじ1

・ベーコン…2枚

・スライスチーズ…1枚

・レタス…1枚

・ごま油…適量

・サラダ油…適量

【作り方】

1)ご飯を8等分にし、ラップで来るんで丸く握り、平らにつぶす

2)熱したフライパンにごま油をひき、ご飯を焼く

3)焼いた面にしょうゆとマヨネーズを混ぜ合わせたものを塗り、両面を香ばしく焼く

4)ご飯を取り出し、半分に切ったベーコンを両面焼く

5)焼きそばと玉ねぎを入れて付属のソースを使い焼きそばを作る

6)焼きそばを4等分にし、サラダ油をひいたフライパンで片面がかりっとなるまで焼く

7)麺の上にベーコン、4等分にしたチーズをのせ、チーズがとろけるまでふたをして蒸し焼きにする

8)ご飯、ちぎったレタス、焼きそば、レタス、ご飯の順に挟んで完成

焼きそばを作るときは、焼かなくてもレンジで加熱するだけでもOK!

意外と簡単に作れるライスバーガー。ご飯に合う物ならたいていの組み合わせでおいしく食べられるので、冷蔵庫の余り物の処理にも最適かも。

(文・姉崎マリオ)