イラク北部の町トゥズフルマトゥで、クルド人勢力の元軍事拠点のそばに止められたイラク軍の車両と戦車(2017年10月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イラク軍は13日、石油資源が豊富なキルクーク(Kirkuk)州で2014年以降クルド人治安部隊ペシュメルガ(Peshmerga)が支配してきた軍事拠点を奪還した。クルド自治政府が先月実施した独立の是非を問う住民投票をめぐり、クルド自治政府とイラクは激しく対立している。

 クルド人部隊の幹部は、イラク軍の進軍に「何があっても」抵抗し、クルド人を防衛するため重武装の戦闘員を多数動員したことを語ったが、同時にイラク政府との衝突の激化を避けるために国際社会の介入を要請した。

 一方、匿名でAFPの取材に応じたイラク軍の将官は「2014年6月に奪われた軍事拠点を奪還するため、イラク軍部隊が前進している」と語った。同将官によれば、クルド人部隊が夜間のうちに抵抗せずに撤退したことを受けて、イラク軍が州都キルクークの西にある「102番基地」を奪還したという。

 クルド人部隊のキルクーク司令官ジャファル・シェイク・ムスタファ(Jaafar Sheikh Mustafa)氏は、自身が率いる部隊はキルクーク州西部でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」との交戦中に最近進攻した地域から撤退したことを認めた。

 ムスタファ氏は「われわれの部隊はキルクーク市周辺に前線を下げた。攻撃を受けた際には街を防衛する」「イラク軍が進軍してきたら戦う」と述べている。

 さらに同氏は、イラクのハイダル・アバディ(Haider al-Abadi)首相を通じてイラク軍とクルド人部隊の撤退協定を結ぶ交渉を行う試みもあったが、現場の指揮官たちが却下したことを明らかにした。
【翻訳編集】AFPBB News