無念の予選落ちとなった谷原秀人(撮影:GettyImages)

写真拡大

<イタリアオープン 2日目◇13日◇ミラノGC(7,156ヤード・パー71)>
欧州男子ツアー「イタリアオープン」の2日目が終了。日本から参戦していた谷原秀人はトータルイーブンパーの105位タイに沈み、予選落ちとなった。
【関連動画】谷原秀人がWGCでエース達成!ギャラリーも大興奮
初日に1オーバーの109位タイと大きく出遅れ、第2ラウンドでの巻き返しを図りたかった谷原。前半は12番でバーディを先行させたものの、その後ボギーを2つ叩き、スコアを1つ落としてハーフターン。後半はスタートホールの1番パー5でバーディを奪ったほか、6番パー4でもバーディをゲットしたが、結局3バーディ・2ボギーの“70”でホールアウト。予選カットラインに4打足りず、無念の予選落ちとなった。
2日目終了時点で、トータル13アンダーの首位タイには、この日のベストスコア“62”を出したマーカス・フレイザー(豪州)と、初日も首位タイだったマット・ウォレス(イングランド)が並んだ。2打差の3位タイには、キラデク・アフィバーンラト(タイ)とジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)が続いている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹の今季初戦「CIMBクラシック」の最新スコアはこちらでチェック!
結果よりも内容重視の谷原秀人「もっとゴルフがうまくなりたい」
後輩プロ・谷口拓也と臨む谷原秀人の特別な全英オープン
【テンパリ編集K】谷原秀人プロに勇気づけられたコース初日― はじめての全米OP第1回
【PGAツアー動画】谷原秀人が世界ランク1位のDJについて語る