U-17W杯、日本のGL突破は決定的 2位通過なら16強でイングランドかイラクと対戦

写真拡大 (全2枚)

B組とC組3位の敗退が決まり3位転落でも16強進出 ニューカレドニアに「8点差以上の敗戦」を喫しないことが条件

 インドで開催中のU-17ワールドカップに参加している若き日本代表の決勝トーナメント進出が決定的になった。

 13日に行われたD組までの結果を受け、日本は第3戦のニューカレドニア戦で得失点差「15」を逆転される敗戦を喫しない限り、上位16チームに入りグループリーグ突破となる。

 今大会は全24チームを4チームずつ6つのグループに分けてリーグ戦を実施。2位以上の12チームと、3位チームの中で成績上位4チームが決勝トーナメントに進出する。そして13日にC組が3試合を終えた時点で、B組3位ニュージーランドと、C組3位ギニアが勝ち点「1」でグループリーグを終えたため、すでに初戦の勝利で勝ち点「3」を得ているE組の日本は、グループ3位になったとしても確実に3位の中で上位4チームに入ることが決まった。

 なお、F組は最終戦で3位メキシコと4位チリの直接対決となり、どちらか一方が勝ち点「2」以上となるため、勝ち点「1」のB組3位ニュージーランドとC組3位ギニアの敗退も決定している。

 これにより、日本がグループリーグで敗退する条件はグループ4位に転落する場合のみ。日本のいるE組はフランスが勝ち点「6」、日本とホンジュラスが同「3」、ニューカレドニアが同「0」となっている。日本は最終戦でニューカレドニアと対戦するが、現時点で日本の得失点差が「+4」、ニューカレドニアは同「-11」のため、8点差以上の敗戦を喫しない限り順位の逆転は起こらない。このため、日本は決勝トーナメント進出を決定的なものにしたと言えるだろう。

1位通過ならスペイン、3位転落ならブラジル

 そして13日の試合を終えた時点での、決勝トーナメント1回戦の対戦カードは以下のようになっている。

■10月16日

コロンビア vs ドイツ

パラグアイ vs [A・C・D組3位]

■10月17日

イラン vs [A・B・F組3位]

[E組1位] vs スペイン

[F組1位] vs [E組2位]

マリ vs [F組2位]

■10月18日

ガーナ vs [C・D・E組3位]

ブラジル vs [B・E・F組3位]

 日本がこのままグループ2位で通過した場合は、決勝トーナメント1回戦でF組1位と対戦。2試合を終えた時点では、イングランドとの対戦が濃厚だが、最終戦での直接対決で2位イラクが勝てば日本との「アジア勢対決」になる。昨年のAFC U-16選手権を制したイラクは、準決勝で2-4と敗れた因縁の相手。日本の選手もリベンジに燃えているに違いない。

 また、最終戦で日本の勝利とフランスの敗戦により1位通過になった場合は、D組2位スペインとの対戦になる。3位転落の場合は、前述した通り、すでにB組とC組3位の敗退が決定しており、ベスト16に進むのは「A・D・E・F組」の3位になる。この組み合わせの場合、大会レギュレーションで決勝トーナメント1回戦のカードが「A組1位×D組3位、B組1位×A組3位、C組1位×F組3位、D組1位×E組3位」になると決まっているため、日本はD組1位のブラジルと対戦することになる。

 どのような順位でグループリーグを終えても、決勝トーナメント1回戦で強豪国と対戦する正念場を迎えることになる。その大一番に向けて、ニューカレドニア戦を次につながる良い形で終えたいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images