大坂なおみ【写真:Getty Images】

写真拡大

香港OP準々決勝、パブリュチェンコワに悔しいストレート負け

 女子テニスの香港オープンは13日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク64位の大坂なおみ(日清食品)は同21位のアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に3-6、3-6のストレート負けを喫し、ベスト4進出を逃した。

 2回戦で元世界女王のビーナス・ウィリアムズ(米国)を破る大金星を挙げた大坂。しかし、この日はパブリュチェンコワに出鼻をくじかれてしまった。第1ゲームでブレークを許すと、第3ゲームもサービスキープできずに、4ゲームを連取されてしまう。その後、強烈なフォアハンドショットでポイントを奪う場面もあったが、ミスが多く、3-6で第1セットを落とした。

 続く第2セットは、お互いに左右にショットを打ち込み、ネットプレーやロブの応酬。一時は3-1とリードを奪ったが、第6、8ゲームでブレークを許すなど5ゲームを連取されてしまった。結局、第2セットも3-6とされ、26歳のパブリュチェンコワに完敗を喫した。

 大坂は試合後に自身のインスタグラムを更新。「香港ではとても楽しむことができました。いくつかの素晴らしい思い出と出会いがありました。また来年、ここに戻ってくるのが待ちきれません。香港オープンありがとう!」とつづった。自身ツアー2度目の4強入り、そして初優勝はお預けとなったが、香港での戦いに手応えを感じたようだ。

 進化を続ける19歳から、今後も目が離せない。