【日産ワークス“ニスモ”試乗】EVから「GT-R」まで、走りの“ファン”を堪能させる

写真拡大 (全12枚)

古典的ともいえる駆動方式“シリーズ式ハイブリッド”を採用しておきながら、あたかも“新世紀のEV(電気自動車)”であるかのようにアピールするのはいかがなものか!?

そんな頑固爺のような苦言を呈したくなる日産「ノート e-POWER」ですが、その走りの真髄は「やはりEVだ!」と、当たり前のことを再確認する機会がありました。TRD(トヨタ)、ニスモ(日産)、無限(ホンダ)、そしてSTI(SUBARU)というメーカー直系チューナーが開催したワークスチューニンググループ合同試乗会で、「ノート e-POWER ニスモ・ニスモパーツ装着車」をドライブした時のことです。

同車のステアリングホイールを握りながら「ECOモード」、「Sモード」、「ノーマルBレンジ」と3種類ある走行モードのうち、最もスポーティなSモードを選択したところ…、スロットルペダルを軽く踏んだ瞬間に「ドン!」と太っとい駆動力が、まるでトコロテンのように提供されたのです。ニスモの手になる“スペシャルノート”は、文字どおり蹴っ飛ばされるように加速!! さらに、アクセルペダルを踏む量を加減すると、足先の動きに間髪入れずクルマが反応し、なんというか、あやつり人形のようにノートの動きをコントロールできるではありませんか!

ピュアガソリン車のように「エンジン回転数が上がっていく」とか「ギヤが落ちる」、はたまた「ターボのタービン音が高まる」といった“前置き”なしに、あたかもワープスイッチが入ったかのように、いきなり加速が始まる…そうしたEVの特性を極端に演出し、ドライバーを驚かせ、かつ喜ばせるのが、ノート e-POWER ニスモ・ニスモパーツ装着車のSモードなのです。

実際には、1.2リッター直3ユニットで発電機を駆動するので、相応にエンジン音は変動しますが、ペダル操作に対するレスポンスの良さは、まさにEVならでは。また、ブレーキペダルを使わずワンペダル(スロットルペダル)だけで、ノートの加速に加え、減速まで能動的に制御できる“e-POWER Drive”は、なるほど、新鮮なフィールです。

得てして、エコ方面の話題が先行しがちなノート e-POWERですが、ニスモパーツ装着車はファン・トゥ・ドライブを声高に主張できるモデル、といえます。ピュアガソリン車の「ノート ニスモ」(特に5MT車)にも感心しましたが、ニスモが手掛けると、クルマの動力性能がひと皮(ふた皮!?)むけるんですね。クルマが持つむき出しの“ファン”を堪能できるようになります。

…と、少し筆が先走りました。ノート e-POWER ニスモ・ニスモパーツ装着車は、「ノート e-POWER ニスモ」(246万4560円)をさらにスポーティにリセッティングしたモデル。チューニングの“ステージ2”といえましょうか。

ノート e-POWER ニスモも、標準車からパワーの出方を変更していました。燃費指向から、より力強さを追求した専用チューンが採用されていました。今回のニスモパーツ装着車は、それがさらにアグレッシブな味付けとなっているのです。

モーターが発生できるアウトプットの上限は決まっているので、パワーがより急激なカーブで立ち上がるようにしました。その最たるモノが、Sモードというわけ。

併せて、オーリンズ製のそれをベースにしたスポーツサスペンションも、ニスモオリジナルチューンが施され、セッティングが見直されています。試乗車に装着されたホイールは、ニスモ Sの純正17インチホイール。タイヤ銘柄は、ミシュランの「パイロットスポーツ4」でした。

「電気自動車というと、いまひとつ“走り”が期待できない…」。そんな不満を抱いている方に、ぜひご検討いただきたいスーパーEVが、ノート e-POWER ニスモ・ニスモパーツ装着車です。各種エアロ、専用パーツを身にまとい、ノートの雰囲気を大幅に変えているだけでなく、その走りもまた、ガラリと変わっているのでした。

自動車メディアに関わっていて、「これは役得!」とうれしく思う瞬間があります。それは、一流プロフェッショナルドライバーの方に同乗させていただけること。2016年は、伊豆・修善寺にあるサイクルスポーツセンターで、ニスモのアンバサダーにしてレーシングドライバーの、ミハエル・クルム選手がドライブする日産「GT-R ニスモパーツ装着車」に乗せていたきました。

2017年の合同試乗会は会場を変え、群馬サイクルスポーツセンターで行われました。コースは、前回よりも幅が狭く、舗装は荒れ気味。「このコースで立派な体格のスーパースポーツカーをテストするのは…」と二の足を踏んでいたら、「同乗しますか?」とクルム選手の声。「もちろん!」とふたつ返事で、いそいそと助手席に乗り込みました。

群馬サイクルスポーツセンターのコースは、道幅が限られ、路面はバンピーです。両側からは立木が迫り、「ココで!?」と心配するような区間でも、クルム選手はGT-Rの4輪をスライドさせ、タイトコーナーをきれいにパスしていきます。腕利きドライバーの隣に座っているといつも感じるのですが、運転はスムーズでありながら、総じて緩急の差が激しい。いい換えると、メリハリの付け方にムリがない。うーん、当ったり前ですが、運転がウマい!

やたら気ばかり急いて、カーブのたびにアンダーステアを連発する自分のドライビングスタイル(!?)を思い出して赤面していると、クルム選手が2017年仕様のニスモチューンGT-Rについて話してくれました。「サーキットでタイムを削るような場合なら、前回のクルマの方がいいけれど、こうした荒れたコースでは、今回のクルマの方がいいね」

…またまた筆が先走ってしまいました。ちょっと過去を振り返りますと、前回の合同試乗会でニスモが用意したGT-Rは、2008年の初期型モデルに、2013年ベースの足まわり(+オーリンズの車高調整ダンパー)を与え、さらに機械式LSDを組み込んだ、かなり“攻撃的な”内容でした。

ひるがえって今回のGT-Rは、2017年仕様の純正サスペンションが基本になっています。「ストリートをターゲットシーンとして、扱いやすさを重視した」チューンが施されているのです。街乗り、ワインディング、そして高速道路での快適性を意識した設定ゆえ、群馬サイクルスポーツセンターのコースコンディション下でも、路面の凹凸をいなしながら、気分よく走れるのですね。

当然ながら、試乗車にはニスモの各種空力パーツが装着されていますが、オーナーの心境をおもんぱかって、顔つきが変わらない配慮がされました。それでいて、日産自動車のGT-R開発チームと協業し、ダウンフォースの増加を実現したパーツ群です。ベースのデザイン設計は、スーパーGTのGT500クラスを戦うマシンの空力デザイナーが担当したのだとか。

サスペンション、空力向上に加え、エンジンのチューニングメニュー「S1」や、エンジンとトランスミッションのオーバーホールを含むフルコンバージョンキットも、鋭意開発中です(11月発売予定)。

S1のメニューとしては、エンジンのオーバーホール、GT3マシン用のカムシャフト、スペシャルCPU、ブーストの立ち上がりが好ましい2011年モデルのターボチャージャーなどがメニューに挙がっています。まだ価格は発表されていませんが、あえて「オーナーの方は、いくらくらい用意しておけばいいでしょうか?」とニスモのスタッフの方にうかがったところ、「300万円〜400万円ほどでしょうか」との回答が。

「クルマがもう1台買える!」と驚く向きもあるかと思いますが、一方で「愛車のGT-Rが、フルリフレッシュされて返ってくる」と考えれば、意外とリーズナブル、なのかもしれません。何はともあれニッポンの名車ですから、末永く、大切に乗っていただきたいものです。オーナーの方が、ちょっとうらやましい…。

そして最後にドライブしたのは、2017年の6月にマイナーチェンジした日産「エクストレイル」。好調なSUV市場にあって、日産車中で有数の売れ筋モデルでもあります。

ニスモでも同車のモディファイを手掛けていて「パフォーマンス・パッケージ」を提供しています。

スポーティなエクステリアをさらに加速させるエアロキット(前後左右下部の空力パーツ:25万7040円)、ルーフスポイラー(5万9400円)、ダーククロームフロントグリルセンター(1万9440円)など、全身をNISMO色に染めるキットです。よりスタイリッシュに仕上がるだけでなく、NISMOのレーシングテクノロジーを駆使して、空力特性もアップさせます。具体的には、フロントのダウンフォース向上と空気抵抗の低減。その結果としての直進安定性アップも視野に入っています。

足まわりは「スポーツサスペンションキット」(10万8000円)により約30mmローダウン。精悍なフォルムが強調されます。ホイールには、19インチの専用アルミ(5万1840円/本)がおごられています。

アクティブな日産SUVが、ググッとアグレッシブな印象に。ひと味違うエクストレイルを求める人には、見逃せないキットです。

(文&写真/ダン・アオキ)