男の毛穴詰まりは何が原因かと問われると、大抵の方がちゃんと顔を洗っていないせいと答えるのではないでしょうか。もちろん間違ってはいませんが、ちゃんと洗顔は行っているのに毛穴詰まりがひどいという方は多いものです。心当たりのある方は、アンドロゲンによる影響を疑ってみるべきかもしれません。

男性ホルモンの一種アンドロゲンの性質

アンドロゲンとはいわゆる男性ホルモンの一種で、男女関係なく副腎皮質から分泌されていると言われています。アンドロゲンは男性らしい肉体を形成したり、性欲を高めたり、精子の製造に寄与するなど、男性には欠かせない性ホルモンのひとつではあるのですが、これが過剰となったとき様々な弊害が生まれます。そのひとつが毛穴詰まりです。

アンドロゲン過剰が角質の柔軟性を奪う

このアンドロゲンが過剰となると内分泌系に悪い影響をきたし、副腎性アンドロゲンの値が上昇する結果角質層を破壊したり、ストレスホルモンのコルチゾールの値が上昇する結果肌のターンオーバーが乱れ角質の適切な働きが阻害されたりします。つまりは角質の柔軟性が奪われる結果となるということです。こうなるとちょっとした拍子にすぐ毛穴詰まりを起こしてしまうようになります。だから毛穴詰まりがひどい人はアンドロゲンによる影響を疑った方がいいということなのですね。(美容ネタでよく耳にする肌の「ターンオーバー」を復習)

更に過剰な皮脂分泌が毛穴詰まりを加速させる

アンドロゲン過剰による影響は角質の柔軟性を損なうだけではありません。アンドロゲンが優位となりすぎると過剰な皮脂分泌を起こすようになります。皮脂は肌の水分保持や外部刺激から肌を守る役割は果たしているものの、過剰となりすぎることで毛穴詰まりの原因となってしまいます。まさにアンドロゲンの過剰は、非常に効率よく毛穴詰まりを発生させる要因となってしまっているということです。

アンドロゲン過剰を避けるためには

ではこういった毛穴詰まりの原因となるアンドロゲンの過剰はどう防げばいいのか。アンドロゲンの過剰を引き起こす原因としては、睡眠不足や過剰なストレス、肉類や脂っこいもの中心の食生活などが挙げられます。まず睡眠不足や過剰なストレスは人の神経の交感神経を過剰に高めてしまいます。交感神経の高ぶりはストレス対抗のため、身体がアンドロゲンを積極的に分泌させようとします。このため睡眠不足や過剰なストレスがアンドロゲン過剰の原因となるわけですね。食生活に関しては肉や脂ものばかりを食べる人は皮脂過剰になるといわれている通りです。

男の毛穴問題は、スキンケアより生活習慣を改めることで予防&改善することがはじめて可能になるのです。(べたついてテカリが気になる! ! オイリースキンにもビタミン)こちらも要チェックです。


writer:サプリ編集部