伝説盛り

写真拡大

焼肉とステーキの違いはなにか。

【肉好き必見】このぶ厚さは衝撃…!「伝説盛り」フォトギャラリー

<「肉を焼いたもの。また、牛や豚などの肉や内臓にたれをつけ、直火で焼きながら食べる料理」が焼肉。「厚切りの肉や魚を焼いた料理」がステーキ。と、『大辞泉』(小学館)>にある。

なんでこんなことを書くのかというと、目の前に置かれた肉が焼肉なのか、ステーキなのか、大いに悩んだからなのであります。

数センチはあろうかという分厚い牛タン、分厚いハラミ、分厚いヒレが目の前に登場した。「焼肉ここから」が名物にしている「伝説盛り」である。

この店では、3つの肉をたれをつけずに焼く。火加減が難しいことから、「伝説盛り」はスタッフが焼いてくれる。

『大辞泉』に従えば、もうこれは焼肉の範疇ではない。ステーキである。いや、断固ステーキと呼ぶべきである。牛タン2枚、ハラミ2枚、ヒレ1枚。計約450gで4,980円。

えっ…、まさか牛タンが…

焼肉屋でいちばん先に焼くのは牛タン。脂が少ない牛タンは、脂がこってりとしたカルビなどよりも先に食べたほうがおいしいこともあり、真っ先に頼む。

その牛タンは大半の店が数ミリに薄く切ったものを供している。厚切りを謳う店でもせいぜい1センチがいいところ。両面を焼いたら、レモン汁をつけて賞味する。自分の場合、火力にもよるが、焼き時間はせいぜい1分。

ところが、「伝説盛り」の牛タンはとにかく厚い。両面を焼いた後、牛タンの短辺(と呼ぶのかどうかわからないけど)を焼いてから、長辺も焼く(正確には焼いてくれる、だね)。

このとき、目の前で信じられないことが起こった。

牛タンがすくっと立ったのであります。床運動で、前方伸身宙返り3回ひねりに成功した白井健三選手ではないかと思うぐらい、美しかった。もちろん白井選手のようにはひねらなかったけど。

数ミリに切った、薄っぺらな牛タンでは絶対にできない離れ業。牛タンは寝そべってばかりではない。立つものなのだ。初めて見ました。

焼き加減は客のお好み次第。表面をカリッと焼いてもくれるし、やや薄い焼き加減もオーダーできる。

「牛タンは肉汁がないと思われていますが、肉汁を閉じ込めるように焼く」のだそうだ。

見ていると、牛タンが心なしかふっくらとしてきた。肉汁が膨張し、膨らんできたのだろうか。これをスタッフがハサミで切り分けてくれます。ジューシーで、ぺにゃんぺにゃんではない、噛みごたえがある牛タンを初めて食べました。

誰がどう見てもステーキな部位が登場

続いてハラミ。

両面を焼いたら、ハサミでカット。切り口を軽く焼き、取り皿に取り分けてくれる。これを特製たれで賞味する。大根おろし、ネギ、ゴマが入った、やや甘口のたれです。

これをステーキと呼ばずしてなんと呼ぶのか。しっかりとした歯ごたえ。心地よい噛み心地。

最後は真打ち登場。ヒレであります。

これこそはまさにステーキ。誰がどう見てもステーキ。

両面を焼いたと思ったら、そのまま器に移し、厨房へ。猫にサンマを持って行かれたような心境で待っていると、肉が戻ってきました。

ネギ、ゴマ、揚げニンニク、たれがかかっています。しかも食べやすくカットしてある。焼き加減はレア。揚げニンニクが香ばしい上に、サクサクとした食感も演出。

この店では「伝説盛り」を食べた後、牛タン刺しなどの刺身やホルモンを頼んだり、焼肉屋の定番のカルビやヒレなどを注文し、ご飯系や冷麺で〆る人も多いという。

「伝説盛り」は焼肉なのか、ステーキなのか。この店に来たら、大いに悩みながら、「伝説盛り」を食べることをおすすめしたい。ひとりで注文してもいいし、数名でシェアしてもかまわないそうだ。

ステーキはひとり1枚が原則(だよね?)。シェアする人を見たことがない。

ってことは、やっぱり「伝説盛り」は焼肉なんだろうか?

焼肉ここから町田店
住所/東京都町田市原町田6-11-16
電話/042-794-7377
営業時間
月〜木・17:00〜翌2:00(LO1:00)
金・17:00〜翌5:00(LO4:00)
土・11:30〜翌5:00(LO4:00)
日祝・11:30〜翌1:00(LO24:00)
無休