日中経済の結びつきが強固になるにつれ、日本に進出する中国企業も増え、そして日本で働く中国人も増えている。また、日本で学ぶ外国人留学生の多くが中国人であり、日本で暮らす中国人は増加傾向にあると言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日中経済の結びつきが強固になるにつれ、日本に進出する中国企業も増え、そして日本で働く中国人も増えている。また、日本で学ぶ外国人留学生の多くが中国人であり、日本で暮らす中国人は増加傾向にあると言える。

 しかし、中国の物価水準に慣れている中国人からすれば、やはり日本の物価は高く感じられ、日本で稼いでももったいなくて使う気にならないのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本国内の一般的なスーパーで販売されている生鮮食品の価格について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本は小さい国土に1億2000万人を超える人が住んでいて、1平方キロメートルあたりの人口密度は中国以上だと紹介。それでも日本は高齢化が進んでいるため、労働力不足に直面しており、中国のみならず世界各国の労働者が日本に働きに来ていると指摘した。

 だが、日本は物価が高く、どれだけ一生懸命働いてもあまり貯めることができないとし、給与水準の差を考慮して比較すれば、日本の物価は中国より安いと言えるのだが、日本の物価を人民元に換算して考えると「もったいなく感じられて日本ではお金を使えない」と主張した。

 続けて、生きるうえで必要不可欠な「食品」の価格を中国と比較して紹介。日本は野菜や肉類などは総じて中国より高額で、「日本のほうが美味しい」ものの、やはり買う気になれないのだと論じた。

 確かに中国では野菜や肉類は安く、果物も日本とは比較にならないほど安価だ。農業従事者の利益を心配してしまうほど安いことも多いため、中国の物価水準に慣れた中国人ならば日本で稼いでも「もったいなくて、日本では使えない」と感じてしまうのも一理あるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)