「ムヒS」と「液体ムヒS」には大きな違いが(画像は池田模範堂のHPより)

写真拡大

 夏に最も家庭で大活躍した薬、それは虫刺され薬ではなかったでしょうか? 虫に刺された時の薬といえば、誰もが初めに頭によぎるのは「ムヒ(muhi)」(池田模範堂)だと思います。

 突然ですが、「ムヒS」と「液体ムヒS」の違いってご存知でしょうか?

 「そんなの知ってる」という方もいると思いますが、筆者が店頭で薬の相談を受けていた当時、その違いは「クリーム剤か液体剤かだけ」だと誤解していたお客さまが多くいたのも事実です。

「ムヒS」と「液体ムヒS」には大きな違いがある

 それぞれの配合成分を見てみましょう。添付文書には以下のように記されています。

●ムヒS:ジフェンヒドラミン1.0g、グリチルレチン酸0.3g、l-メントール5.0g、dl-カンフル1.0g、イソプロピルメチルフェノール0.1g

●液体ムヒS:デキサメタゾン酢酸エステル25mg、ジフェンヒドラミン2.0g、l-メントール3.5g、dl-カンフル1.0g、グリチルレチン酸0.2g、イソプロピルメチリフェノール0.1g

 どちらのムヒにも「ジフェンヒドラミン塩酸塩」という「痒み」を抑える「抗ヒスタミン成分」、「炎症」を抑える「グリチルレチン酸」が配合されています。

 しかし大きな違いは、液体ムヒSには「デキサメタゾン酢酸エステル」という「Weak(弱い)ランク」の「ステロイド剤」が配合されている点です(編注:ステロイド剤のランクは「儀押Strongest(最強)」「況押Very Strong(とても強い)」「祁押Strong(強い)」「厳押Medium(普通)」「昂押Weak(弱い)」に分類される)。そのため、液体ムヒSには「してはいけないこと」が書かれているのに対し、ムヒSにはそれがありません。

ステロイド剤を使う上で気をつけることは?

 ステロイド剤を使う上で気をつけることは「期間」と「使う部位・範囲」です。

 ステロイド剤が配合されている薬には、「してはいけないこと」の欄に必ず「長期連用しないこと」と書かれています。この「長期」はステロイド剤のランクに左右されます。

 液体ムヒSの場合は、同じ部位に使用する場合は「顔面で2週間以内」「その他の部位で4週間以内」と書かれています。なぜ使う部位によって期間が違うのか? それは部位によって吸収率が違ってくるためです。

 「腕」の吸収率を「1」とした場合、「頭皮」は3.5倍、「額」は6.5倍、「頬」は13倍、「首」は6倍、「拳」は0.83倍、「脇」は3.6倍、「背中」は1.7倍、「陰部」は42倍、「足首」は0.42倍、「足の裏」は0.14倍とされています。よく虫に刺される「腕」と「額」を比較した場合、2週間、同じように使うと、約13倍も薬剤の吸収率が違ってくるということです。

 そもそも、ステロイド剤が配合されている虫刺され薬を使えば――ランクにもよりますが――、大抵は遅くとも1週間以内には治まるはずなので、2週間を超えても治らないということは一般用医薬品(OTC医薬品)の域を超えています。

 お子様にもステロイド剤を使っても良いかですが、目安(市販薬の場合)としては、生後6ヵ月〜1歳の乳児は「Weak」 、1〜7歳の幼児は「Medium」 、7〜15歳の小児と成人は「Strong」 です。生後6ヵ月未満は使用不可、妊婦または妊娠していると思われる人は、使用前に薬剤師または登録販売者に相談となっています。

「ステロイド剤は怖い」は大きな誤解

 ステロイド成分を塗る一番の意義は、「一気に治すことで、掻きむしりなどによる二次被害を防ぐこと」にあります。

 以前は、副作用を防ぐために「非ステロイド」や「Weakタイプ」のステロイドなど弱いものから始める「ステップアップ方式」が主流でした。しかしステップアップ方式は、「治らなかったらどんどん強くしていく」という方法のため、掻きむしることで症状を悪化させてしまうという欠点がありました。現在の主流はStrongタイプのステロイドの強いものから始め、一気に治し、場合によっては徐々にランクを下げるという「ステップダウン方式」です。

 ステロイド剤には局所的副作用として、細菌・真菌感染の誘発 、多毛 、皮膚萎縮 、毛細血管拡張などがあります。そのため「ステロイド剤は怖い」という偏った情報が一人歩きしていますが、用法用量をしっかり守っていれば、これらの症状はほとんど出ることはありません。むしろ小さい子供は、痒いとすぐに掻いてしまうため、副作用が出る確率より、なかなか治らず悪化してしまう確率のほうが高い傾向にあります。

 実は、虫刺されの症状を早く抑えるコツは、薬を塗るよりもまずは「掻かないこと」です。ただこれだけのことですが、虫刺されを掻かないというのは、子供であれ大人であれ、かなり難易度が高いですよね。

 ムヒSと液体ムヒSの使い分けを敢えて言うと――、抗ヒスタミン成分配合の「ムヒS」は、虫に刺されて患部の腫れが軽傷で、痒みも酷くない場合、ステロイド成分配合の「液体ムヒS」は、患部の腫れや痒みが酷い場合です。来年の夏、CMを見るたびにこれらを思い出してみてください。

シリーズ「クスリのリスク」バックナンバー

水谷光佑(みずたに・こうすけ)
日本で登録販売者としてOTC医薬品販売に従事。その後、視点を人から動物へ移し、動物医療の勉強のためオーストラリアに留学。現在も、新米登録販売者の相談をオンラインで受け付け、人材育成に従事している。