「最も不運な武将」とは誰だったのでしょうか(写真 : 俺の空 / PIXTA)

関ヶ原の戦いは、全国の大名にとって大きな運命の岐路だった。
石田三成に率いられ敗北した西軍大名のほとんどは改易(かいえき)、減封、一方の徳川家康率いる東軍大名は軒並み所領が加増されている。
しかし、この戦いで苦汁をなめたのは、必ずしも西軍大名ばかりではない。
「日本史を学び直すための最良の書」として、作家の佐藤優氏の座右の書である「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、現在、累計20万部のベストセラーになっている。
本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、「関ヶ原の戦いにおける、不運な勝者たち」を解説する。

京都の喧騒を「裸足の女性」が疾走する珍百景


慶長5(1600)年9月17日、京都の市中では2日前に美濃国関ヶ原(岐阜県関ケ原町)で起きた合戦の話題で持ち切りでした。そんななか、それをかき分けるように大通りを御所の方へ足早に走り去る1人の女性の姿がありました。

よく見ると、彼女は高貴な衣装を身にまとっていながら、足元は「裸足」のまま。慌てた様子はかなり奇妙でした。

そして何より驚くのは、その女性は誰もが知る有名人で、いまは亡き太閤、豊臣秀吉の正妻である「高台院(北政所、ねね)」その人だったことです。

彼女が御所に向かった理由は、合戦の余波から自らの住む屋敷(京都新城)が焼き打ちされるという噂に驚いたためでした。まもなくそれがデマと判明すると、彼女は数日後に御所から帰宅しました。

この顚末は、当時の貴族らによる記録に残されています。直接の当事者でないにもかかわらず、風評に動転し、裸足で京都を疾走する羽目になった高台院は、少々気の毒です。

関ヶ原の戦いでは、こうした「気の毒な目」にあった人、「報われない末路」を迎えた人が、敗北した西軍大名のみならず、勝者の側にも少なくありません。

そこで今回は、関ヶ原の戦いで「最も不運で、気の毒な目にあった武将」「一番の貧乏くじをひいた武将」は誰だったのかを解説します。

今回も、よく聞かれる質問に答える形で、解説しましょう。

Q1. 関ヶ原の戦いとは何ですか?

慶長5(1600)年9月15日、美濃国関ヶ原で行われた「日本史上最大級の野戦」です。徳川家康勢(東軍)と石田三成勢(西軍)、合わせて約15万(20万とも)が激突し、家康が勝利しました。

近年では、これまで映画やドラマでおなじみとなっていた名場面や、「定説」と思われていた解釈の多くが、当時の記録には見当たらないことなどから、これらのストーリーは「かなりの部分が後世につくられたフィクション」とする研究が注目されています。

Q2. この戦いでの「不運な武将」といえば、まず誰ですか?

言うまでもなく、「敗北した西軍の大名」です。

「戦の習い」ではあるものの、公儀の側であったはずの石田三成らは首謀者として処刑され、彼らに従った大名(西軍)の多くが改易、減封という厳しい処分を下されて、大きく没落しました。

ただし、なかには異例の復活、躍進を遂げた幸運な西軍大名も存在はします。

部外者ながら減封された豊臣家

Q3. 西軍以外にも「不運な武将」はいますか?

はい。たとえば「豊臣秀頼」です。

関ヶ原の戦いのあと、当時220万石余ともいわれた所領を、家康の命令により65万石にまで減封されました。こうしたことから、豊臣家は戦いの部外者ではなく、むしろ西軍に大きく関与していた可能性も指摘されています。

ただし、秀頼の年齢はこのときまだ8歳でした。

Q4. ちなみに、「勝者(東軍)」にも「不運な武将」はいましたか?

はい。ざっと見ても、幾人かすぐ思い浮かびます。

「不運な末路」をたどった人としてまずあげられるのは、家康が今川氏の人質となっていた幼少期から苦労を共にし、仕え続けてきた「股肱之臣(ここうのしん)」である鳥居元忠です。

【東軍に属し戦死】鳥居元忠(1539〜1600)下総国矢作 4万石 → (息子の忠政が継承し)陸奥国磐城平10万石

鳥居元忠は、関ヶ原の前哨戦となった「伏見での籠城戦」で、わずか2000余りの兵とともに、10倍以上の敵(西軍)を相手に、昼夜十数日にわたる激しい銃撃による猛攻に耐えました。

しかし、奮闘の末、元忠は豊臣家の鉄砲頭、鈴木重朝(しげとも)に討ち取られ、伏見城は陥落します。元忠は、この戦いで東軍所属ながら戦死した、ごく少ない例の大名でした。

この戦いでは、元忠をはじめ徳川勢は800人余が戦死した一方、西軍も3000人以上が負傷する激戦となり、焼け残った城の床材は、京都の養源院(天台宗/京都市東山区三十三間堂前)等で再利用されて、現在も「血天井」の名で知られています。

恩知らずじゃなかった小早川秀秋

【死人に口なし】小早川秀秋(1582〜1602)筑前国名島 52万2500石 → 備前国岡山 57万4000石

小早川秀秋は、冒頭で紹介した豊臣秀吉の正室、高台院の甥に生まれ、後に豊臣秀吉の養子(後継者候補)となりますが、「豊臣秀頼の誕生」によって、毛利家の名門、小早川家に再度養子に送られました。

関ヶ原では、はじめ西軍に属し、伏見城攻めに参加しますが、その後は西軍の主将である石田三成の命令に反する行動をとるなど、不信を買います。

そして本戦時には、勝手に松尾山に陣取ると、ついには正式に東軍へと寝返り、これをきっかけに西軍は壊滅しました。

実は秀秋は、秀吉政権下で所領を没収され、家康が所領の回復を実現してくれたことがありました。関ヶ原での寝返りは、そのときの恩義に報いる行為でした。

しかし、世間からは「豊臣の恩を忘れた卑怯者」と嘲笑され、その2年後に彼が21歳で病死してなお、「敗死した西軍諸将に祟られ狂乱した」などと辛辣に叩かれ、現代でも「裏切り者」の代表格たる汚名を着せられたままです。

ほかにも、「勝者なのに厳しい末路」をたどった武将としてあげられるのは、細川忠興です。

【勝利の代償】細川忠興(1563〜1646)丹後国宮津 23万石 → 豊前国小倉 36万9000石

細川忠興は、信長、秀吉に仕え、数々の戦場で活躍した勇猛な武将でした。関ヶ原では、三成と対立関係にあったことから、早々に東軍所属を明らかにしました。

そのために、大坂の細川屋敷は、彼の妻ガラシャを人質に狙う三成の軍勢に襲撃され、キリシタンのガラシャは自殺が禁じられていたため、家臣の手を借りて命を絶ちました。

このとき、彼女の護衛役として頼りにされていた鉄砲の第一人者、稲富祐直(すけなお・稲富流砲術開祖)は途中で逃亡します。

また、忠興とガラシャの長男忠隆の妻は、屋敷を脱出して妹の嫁いだ宇喜多秀家(西軍)の屋敷に逃げ込み、これが問題となるのを恐れた忠興は、後継者と考えていた忠隆を廃嫡処分するなど、細川家は躍進の陰で「大きな代償」を払いました。

伊達政宗の「泡と消えた」百万石の夢

【幻のミリオネア】伊達政宗(1567〜1636)陸奥国大崎 58万石 → 陸奥国大崎60万5000石

伊達政宗が戦ったのは、関ヶ原での本戦ではなく、会津の上杉攻めです。

このとき、政宗は家康から上杉攻略の成功報酬として、会津領内の伊達氏旧領(約50万石相当)を提示され、100万石の大大名になれる千載一遇のチャンスを手にしました。

しかし、緒戦の白石城攻略後、東軍が伏見城で敗北した報を受けると、政宗はそれまでの攻勢から一転し、「日和見」な態度に転じました。その後、関ヶ原本戦の結果を知ると再び積極的に動き出しますが、まもなく家康からの命令で停戦しました。

「戦いの勝者」として、褒賞(100万石のお墨付き)を期待した政宗ですが、その後の不祥事発覚などを表向きの理由に、所領は微増にとどまりました。おそらく本当の理由は、彼の狡猾な態度(日和見)が家康の警戒心に触れた結果だったのでしょう。

Q5.では、関ヶ原の戦いで「最も不運だった武将」は誰ですか?

それは、やはりこの人でしょう。

【なぜか遅刻男】徳川秀忠(1579〜1632)武蔵国江戸 225万7000石(※徳川家嫡子)

徳川秀忠は、徳川家康の3男に生まれ、後に江戸幕府第2代将軍に就任します。

関ヶ原では、徳川氏本隊といわれる約3万の大軍を率い、宇都宮から中山道を通って真田氏(西軍)の信濃国上田城を攻略後、東海道を進む家康の部隊と美濃で合流するよう命じられていました。

この上田城の攻略戦で、兵力に劣る真田氏が卓越した戦術で何日も抵抗を続けたため、秀忠は攻略を断念し、美濃に向かいます。しかし、9月20日に草津に着陣したときには、決戦はすでに終わっていました。しかもその間、徳川家康に到着予定日を返答するのを、「完全にスルー」していました。

家康は、秀忠が「上田攻略を完遂しなかった」うえに「到着予定も知らせなかった」こと(軍紀違反)に憤慨しており、その後、3日間面会を許しませんでした。

これが後世の物語等で曲解、脚色された「遅刻して父親から大目玉」にすり替わり、秀忠の人物像については、いまだ「無能な2代目」のイメージが浸透しています。

一次史料の解読が進み、日本史は「進化」している

徳川秀忠が不運だったのは、かつて百戦錬磨の父親でさえ手を焼いた真田氏の「短期」攻略が、実戦経験の乏しい(ほぼ初陣)彼の手にゆだねられたことでした。もちろん、兵力差のみでそれを克服できるはずもなく、攻略を中止せざるをえませんでした。

また、美濃への西上についても、当初はとくに期日は決められておらず、関ヶ原の戦い(9月15日)は西軍の大垣城撤退(9月14日)にともなう「突発的な合戦」でもあったため、その時点で現地に到着していなかった秀忠が、戦いに参加するのはまず不可能でした。

近年の日本史は、新たな歴史的史料の発見のほか、「当時の記録(一次史料)の解読・研究」の著しい成果により、これまでの認識の多くが、大きく変化を遂げています。

みなさんが学校で学んだ歴史よりも、日本史は「進化」しています。ぜひ「最新の日本史」を知ることで、「大人に必要な教養」から「歴史を知る楽しみ」までをいっきに体得してください。