「れんこんの梅納豆汁」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:下条美緒 撮影:広瀬貴子

写真拡大

日本人の食卓に欠かせない納豆は、強い粘り気が特徴の発酵食品。汁物に使えばとろみがつき、そのまま食べる時とは違ったおいしさが生まれます。今回は、とろりと温かい納豆汁5選をご紹介。秋も深まってきた今の時期、やさしい口当たりの汁物を作ってほっこりしてくださいね。

ほかにもいっぱい!「納豆のレシピ」をチェック!

■ 【れんこんの梅納豆汁】(152Kcal、塩分2.7g)

<材料・2人分>

ひき割り納豆 2パック(約100g)、れんこん 1/2節(約80g)、梅干し 大1個、万能ねぎの小口切り 適量、だし汁 2カップ、みそ

<作り方>

1. れんこんは5mm角に切って水にさらす。納豆はざるに入れて水でざっと洗う。ともに水けをきる。梅干しは種を除いて包丁でたたく。

2. 鍋にだし汁、れんこんを入れて火にかけ、煮立ったら弱めの中火にして約5分煮る。

3. みそ大さじ1と1/2〜2を溶き入れ、梅干しと納豆を加えてさらに約2分煮る。

4. 器に盛り、万能ねぎを散らす。

納豆と梅干し、みそといった和の食材のコラボレーションを楽しめる1品。梅干しのほのかな酸みをきかせてさわやかな味に仕上げましょう。最後に万能ねぎを散らせば彩りもアップします。

■ 【納豆キムチスープ】

優秀なたんぱく質の納豆をチゲ風に。白菜キムチは汁も一緒に加えると、うまみを丸ごと味わえます。

■ 【梅納豆しょうがスープ】

おろししょうがの香りが鼻をくすぐります。食材を器に盛りつけたら、熱湯を注いで混ぜるだけで完成するお手軽メニュー。

■ 【豆腐と納豆のごまみそスープ】

濃厚な練りごまでコクをプラス。豆腐は包丁で切らず、スプーンですくって入れるのがポイントです。

■ 【長ねぎと納豆のみそ汁】

風味を損なわないよう、みそを溶いたら煮立たせないようにしましょう。オーソドックスな納豆のみそ汁は料理初心者にもおすすめ。

納豆は大粒タイプ、小粒タイプ、ひき割りタイプなどさまざまな種類が販売されています。それぞれ異なった食感なので、あれこれ試して汁物にぴったりの納豆を見つけてみるといいかも。