カリスマ投資家の内田衛氏が、日本郵政株にこだわるのはなぜ? (撮影:今井康一)

俗に「選挙前までは株は上がる」といわれるが、日本株は絵に描いたような上昇。相場の先行きに少し疑心暗鬼だったカリスマ投資家の内田衛は、この間どんな取引をしていたのだろうか。なんと超大型銘柄の日本郵政で
デイトレをしていた。また今後の相場をどう見ているのだろうか。

いつものように、株日記でチェックしてみよう。

【9月25日 月曜日】先週末の日経225先物(12月限)は、20円高の2万0200円、NYダウは、9ドル安の2万2349ドル、1ドル=111.99円、1ユーロ=133.84円。本日の日本郵政(6178)は、14円安の1349円で引けた。16時30分、日本郵政の第2次売り出し価格が、1322円に決定した。本日の終値からすると27円安く、ディスカウント率は、2.00%となった。また、明日26日が9月の権利付き最終売買日で、売り出しで購入できる人は、中間配当25円の権利がもらえる。本日の日経平均は、101円高の2万0397円と反発。

1.5万株申し込みで1.1万株!日本郵政の当選は想定以上


この連載の一覧はコチラ

【9月26日 火曜日】日経225先物は、90円安の2万0180円、NYダウは、53ドル安の2万2296ドル。7社に申し込んだ日本郵政の第2次売り出し(PO)の抽選結果は、以下のとおり。野村證券5000株(当選)/5000株(申込)。大和証券も5000株/5000株。あとの5社は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券400株/1000株、SBI証券300株/1000株、松井証券300株/1000株、みずほ証券0株/1000株、SMBC日興証券0株/1000株と合計では、1万1000株/1万5000株と予想以上の当選となった。

本日の日経新聞によると、公募の倍率が、1.6倍だったそうだ。当選するには、割り当ての多い証券会社で申し込むのが鉄則で、今回の売り出しでは、野村と大和で売り出し数の半数を占め、みずほ証券、三菱UFJ、ゴールドマン・サックス証券の3社で3割、残りの2割を数十社で配分している。大手なので申し込む人も多いが、やはり今回の当選状況を見ても、割り当ての多い証券会社で申し込んだほうが当選しやすそうだ。本日の日本郵政の株価は、11円安の1338円で寄り付き、そこが安値となり、14時32分には、25円高の1374円の高値をつけ、大引けでは、14円高の1363円となった。

また、14時39分、経営コンサルティング大手のタナベ経営(9644)を1400円(前日比29円安)で100株買う。目的は、株主優待で、「ブルーダイアリー手帳」オリジナル革表紙(3000円相当)をもらうため。ほかにも手帳を株主優待にしている企業は、フジ・メディア・ホールディングス(4676)(権利月9月)、ナカバヤシ(7987)(権利月3月)、最近上場した、ほぼ日(3560)(権利月8月)などがある。私は毎年同じ型番の手帳を10年以上使い続けているのだが、今、使っているのと同じようなタイプだったので、今から革の手帳が届くのが楽しみです。日経平均は、67円安の2万0330円と小反落。

【9月27日 水曜日】日経225先物は、100円高の2万0250円、NYダウは、11ドル安の2万2284ドル。本日、9月の権利落ち日で、日経平均は、63円安の2万0267円と続落したが、配当落ち分が134円ほどあるので、実質71円の値上がりと見ることもできる。日本郵政は、14円安の1349円と昨日の14円高を消したように見えるが、25円配当を考慮すると実質前日比11円高と見ることもできる。9月権利獲得した配当・優待銘柄は、リソルホールディングス(5261)、日本郵政、アトム(7412)、カッパ・クリエイト(7421)、ワタミ(7522)、スクロール(8005)タナベ経営の7銘柄で、配当総額は、25万1025円(税引き後)となった。

【9月28日 木曜日】米、法人税率を35%から20%に下げと共和党が統一案。また、12時06分、日経速報メールで、衆議院午後解散、総選挙へ、10月10日公示、10月22日投開票と伝わる。日本郵政は、9時51分、22円高の1371円の高値があったが、下げに転じて26円安の1323円で引ける。14時59分には、28円安の1321円の安値を付けた。第2次売り出し価格の1322円を1円下回る水準。日経平均は、96円高の2万0363円と3日ぶり反発。

日本郵政でデイトレ!17万円超の利益確定!

【9月29日 金曜日】今日から日本郵政を第2次売り出しで買った人が売れる日だ。9時の寄り付き前から観察していると、どうやら成り行きで売り注文を出している人が多いようで、この現象は大型公募があったときにはよく見られる現象だ。

9時、日本郵政は、14円安の1309円で寄り付いた。売り出し価格の1322円を下回ってはいるが、25円の配当の権利を取っているので、配当を考慮すれば12円プラス。寄り付きでマドをあけて安くなったところで買おうと1308円で1万株買い注文を出していたのだが、そのままマドを埋めるように反発し、9時22分、1円安の1322円まで上昇した。

しかし、ここから下げはじめて、10時17分、23円安の1300円で1万0100株買った。そして瞬間的に1299円の安値をつけたが、大引けにかけて戻し、14時59分32秒に1318円で1万300株の売り注文を出し、23秒後約定し、残り5秒で11円上昇し、6円高の1329円で引けた。出来高は、2億1138万5800株と断トツ1位。これは、10月2日から日経225銘柄に採用されるので、機関投資家のリバランスの買いが大引けに向かって入ったようだ。めったにないけど「引け成り」注文だったら、あと11円高く売れたな(結果論)。めったにやらないデイトレで、しかも日本郵政という超大型銘柄での売買で、17万6812円の利益確定+公募300株分の配当(7500円)。日経平均は、6円安の2万0356円。

【10月2日 月曜日】9月日銀短観、景況感10年ぶり高水準、大企業製造業DIプラス22。優待目的保有のビックカメラの子会社のコジマ(7513)が、12円高の415円と9月1日に付けた416円の年初来高値に再接近した。8月本決算発表日は、10月11日。また、すかいらーく(3197)も21円高の1684円と回復基調。8月9日の第2四半期決算発表と値上げなどで急落したが、元に戻ってきた。日経平均は、44円高の2万0400円と小反発。

【10月3日 火曜日】日経225先物は、70円高の2万0480円、NYダウは、152ドル高の2万2557ドルと4日続伸。ラスベガスで銃乱射事件があったが、影響なし。ナスダック総合指数は、+20.76の6516.72、S&P500種は、+9.76の2529.12と主要3指数は、終値で過去最高値を更新した。日本郵政を1305円で300株買う。終値は、5円安の1308円。日経平均は、213円高の2万0614円と大幅高。

【10月4日 水曜日】投資の日。日経225先物は、70円高の2万0670円、NYダウは、84ドル高の2万2641ドル。10時38分、日本郵政を1300円で1万株買う。終値は、前日比変わらずの1308円。10時18分には、10円安の1298円まで下げる場面があった。これは第2次売り出し価格1322円から配当25円を引いた1297円まであと1円に迫る場面だった。動意づいていたコジマが、13円高の423円と年初来高値を更新した。日経平均は、12円高の2万0626円と3日続神。

下値不安少ない日本郵政、日本株が急騰したら天井も

【10月5日 木曜日】日経225先物は、20円高の2万0650円、NYダウは19ドル高の2万2661ドル。日本郵政は、8円安の1300円と弱い。日経平均は、1円高の2万0628円と4日続伸。

【10月6日 金曜日】日経225先物は、60円高の2万700円、NYダウは113ドル高の2万2775ドル。日本郵政は、再度1298円(前日比2円安)をつける場面があったが、12円高の1312円で引けた。日経平均は、62円高の2万0690円と今年初の5日続伸。

【10月7日 土曜日】日経225先物は、60円安の2万0650円、NYダウは、1ドル安の2万2773ドル、1ドル112.62円、1ユーロ132.16円。

私が、日本郵政を買った理由は、ほかの銘柄は株価が高値圏にあるものが多く、日本郵政は、第2次売り出しが決まってから株価が安くなったことと、日経225銘柄に採用されたこと、配当利回りが3.81%(今日の終値で計算)と高いことだ。また、売り出し価格が、1322円に決まり、配当25円を引いた1297円を下回ってまで売ってくる人は少ない(1300円水準では下値不安が少ない)と見たからだ。NYダウが堅調で、日本株式市場も10月に入り堅調だ。株価がゆっくり上昇している間はあまり心配ないが、出来高、売買代金を伴って急騰してきたら、天井をつけるサインなので、銘柄にもよるが、そこでは思い切って保有株を売るなどの対応がいるのではないか。