ペットは大切な家族の一員。しかし、世の中には飼い犬や猫を平気で傷つける、心ない人たちが存在します。

いちばん愛してほしい人からひどい仕打ちを受けた彼らの痛みは計り知れません。

虐待され捨てられた犬

ピットブルのメス・アビゲイルが保護されたのは、マイアミの街をふらふらと徘徊していたとき。

片方の耳がなく頭部に深い傷を負ったアビゲイルは、げっそりとやせ細っていました。

体には皮膚を何層も剥がされたような深い傷が数か所あり、傷の状態から判断すると、アメリカでは違法なドッグファイティングにも駆り出されていたのではないかという診断結果でした。

まさに瀕死状態だったアビゲイルは、獣医も安楽死を進めるほど衰弱していたそうです。

そんなアビゲイルの写真をサイトで見つけた、動物の保護団体Love is Fur Ever Dog Rescueの設立者、ヴィクトリア・フレイジャーさんは、彼女をすぐさま自宅に引き取ってケアを始めました。

それから数か月、アビゲイルの傷が少しずつ回復してきたころ、フレイジャーさんはアビゲイルの頭を覆っていた治療用のボンネットを、可愛らしいヘッドバンドに変えてみることにしました。

すると失った片耳を隠すヘッドバンドで、アビゲイルはたちまち人気者に。

スター誕生

フレイジャーさんはアビゲイルを引き取った当時からSNSに回復の様子をアップしていましたが、ヘアアクセサリーに変えてからは「すごく可愛い!」という声や、ケガの回復を祈る応援メッセージがさらにたくさん届くようになったそうです。

体に残った傷跡も、ドレスを纏えばこのとおり。

フレイジャー夫婦の惜しみない愛情によって身体ともに癒されたアビゲイルは、いまはアイドル犬として多くの人に幸せを与える第二の人生を送っています。

それだけではなく今年は、全米中の最も勇敢な犬に与えられる「ヒーロー・ドッグ・アウォード」も見事受賞しました。

アビゲイルの根性とフレイジャーさんの献身が、ミラクルを起こしたのかもしれません。

Facebookのページ“Bonnets For Abigail”では、さまざまな美しい衣装を着こなすキュートな彼女を見ることができます。