ポルトガルは今年7月、北朝鮮との外交関係と公式接触を断絶する決定を下していたことが明らかになった。

ワシントン駐在のポルトガル大使館は、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)の取材に対し、今回の決定は北朝鮮の敵対的行動を制御するための国際的努力に従ったもので、北朝鮮が国際社会との真摯で実質的な対話に乗り出すよう圧力を強化するためのものであると明らかにした。

また、アラブ首長国連邦(UAE)も12日、外務省のウェブサイトに声明を掲載し、核問題に対処する国際社会の求めを受け、北朝鮮から派遣された非常駐大使、平壌駐在の自国の非常駐大使を撤収させるとし、北朝鮮との外交関係を断つ方針を明らかにした。

同時に北朝鮮国民に対するビザ、北朝鮮企業への新規事業許可の発行を停止するとも発表した。

メキシコは7日、自国駐在のキム・ヒョンギル大使の追放を決定した。それに次いでペルー、クウェート、スペインも同様の決定を下し、北朝鮮との外交関係を断つ国が相次いでいる。