ハイヒールでかっこよく歩く女性は素敵なもの。脚の筋力を使うハイヒールは、脚ヤセに効果的なのか検証しました。

ハイヒールで正しく歩ければ脚ヤセにも

脚を長くキレイに見せてくれるハイヒール。ハイヒールは脚の筋トレになり、脚が細くなると考えている人がいる一方で、ハイヒールを履くと脚がむくんだり、変なところに筋肉がついて太くなるという意見も。実際のところはどうなのでしょうか?

まず、ハイヒールを履いている時の脚の筋肉はどのようになるか、考えてみましょう。ハイヒールを履くと、つま先立ちしているのと同じ状態になり、ふくらはぎに力が入ります。そして、体の重心はつま先側へ。それを支える為に、太ももの前側が張ります。ふくらはぎの筋肉が鍛えられると考えがちですが、常に緊張状態にあるので、血流を促すポンプ作用が滞り、ハイヒールを履くと脚がむくみやすくなります。むくみは放置するとそのまま脚の太さになり、セルライトもつきやすくなってしまうのです。また、太ももの前側は、もともと体の中でも発達しやすい筋肉の部位。ハイヒールでさらに刺激することにより、太ももが太くなりやすいということが考えられます。

そして、ハイヒールでキレイに歩くには、コツが必要。足が地面に着地する時、ひざが曲がらないように意識し、つま先は少し外側に向けて一本のライン上を歩くようにします。腹筋と背筋を使って、骨盤を立て、胸も開くように。上から糸でつられているようなイメージです。このようにハイヒールで正しく歩くことができれば、脚の筋肉が刺激され、脚も細くなる可能性が。ただし、街中でハイヒールで歩く女性を見ると、できていない人がほとんどです。ハイヒールで間違った歩き方をすると、脚の余計な部分に筋肉がついて太くなる場合もあります。またハイヒールで歩いた後は、必ずアフターケアでむくみ解消のマッサージを行うようにしましょう。

脚ヤセを狙うならフラットシューズの方が簡単

こういったことを考えると、ハイヒールで脚を細くすることもできますが、脚ヤセを狙うなら、スニーカーやヒールの低いフラットシューズで大股で歩くことを意識した方が懸命です。フラットシューズで歩くときの脚の筋肉は、足が地面に着地し、蹴り上げるときにふくらはぎの筋肉を使い、そのあと脱力。これを繰り返すことで、ふくらはぎのポンプ作用が使われ、足のむくみが取れます。また、大股で歩くことで太ももの後ろ側が使え、セルライトがたまりやすい部位の血流やリンパを流してくれる効果もあります。もちろん、ハイヒールのときと同様に背筋を伸ばして歩くことは必要です。でも、フラットシューズで歩く方が、ハイヒールより簡単で長い距離を歩けます。そのため、フラットシューズで歩く方が、足の筋トレや血流促進になり、脚ヤセしやすいと考えられます。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと