外交部の呉志中政務次長

写真拡大 (全2枚)

(台北 13日 中央社)外交部(外務省)の呉志中政務次長は13日、蔡英文総統が10月28日から11月4日にかけ、外交関係があるマーシャル、ツバル、ソロモン諸島の3カ国を歴訪すると発表した。蔡総統の太平洋諸島諸国訪問は昨年5月の就任以来初めて。

呉政務次長によると、3国は中華民国と国交を結ぶ太平洋諸島諸国の中でも特に外交関係が長く続いており、ソロモン諸島とツバルは30年以上、マーシャルは20年になる。3国の元首はかねてから現地の大使館を通じて蔡総統の来訪を切望しており、これに応える形で、今回の外遊が実現したという。

(劉麗栄/編集:塚越西穂)