Doctors Me(ドクターズミー)- インフルエンザワクチンは胎児・母乳に影響はないの?【医師解説】

写真拡大 (全8枚)

インフルエンザが流行する冬の時期、妊娠中や授乳中は特に感染には気を付けたいですよね。

しかし、インフルエンザワクチンやインフルエンザウイルスは、母体・胎児・母乳にどのような影響を与えるのでしょうか?

今回は妊娠さんや出産後のママさんが気になる、インフルエンザのリスクやワクチンに関する疑問について、医師に詳しく解説をしていただきました。

妊娠中にインフルエンザになった場合の危険性



重症化しやすい時期



妊娠中は免疫の変化から感染症にかかりやすくなることが知られており、
妊娠〜産後2週間までの女性では重症化しやすいと言われています。

新型インフルエンザは特に要注意



新型インフルエンザが流行した際には、妊娠中にインフルエンザに感染するとICUでの集中治療を必要とする率が多く、死亡率も妊娠していない人より多かったと報告されています。

高熱によるリスク



原因がインフルエンザに限らず、妊娠中に高熱が出ると、胎児の神経管欠損などのリスクが高くなる可能性があるとされています。

切迫流産・切迫早産の症状がある場合



切迫流産・切迫早産状態が既にあるところに、咳がひどくてお腹に力が入り過ぎるというようなことがあれば、何らかの影響がないとは言えません。 

妊婦のインフルエンザワクチン接種の必要性



妊娠中であっても非妊娠時と同じワクチンが使用でき、ワクチン接種(予防接種)により、インフルエンザにかかりにくくなり、重症化しにくくなると言われております。

また、妊娠初期〜後期まで、どの時期であってもワクチン接種を受けられます。

ワクチンの副反応について



注射部位の腫れ、発熱などのワクチンの副反応ですが、妊娠中だからといって起こりやすい訳ではないと考えられます。

インフルエンザワクチンの胎児・母乳への影響は?



胎児



インフルエンザワクチンは胎児への影響はないと考えられています。

■ エチル水銀は危険?

保存料として含まれるチメロサールというエチル水銀が胎児に影響を及ぼすのではないかと心配する方がおられます。

アメリカのトランプ大統領は、ワクチン接種による免疫機能への影響やエチル水銀によって自閉症などの発達障害が増えるという考え方を支持する発言をしたことがあります。

現在のところ、ワクチンと自閉症の関係は医学的研究から否定されており、
ワクチンに含まれる水銀は妊婦が一日に食事から摂取してよい量より少ないため影響は考えなくて良いという結論になっています。

それでも不安という場合は、チメロサールを含まないワクチンがごくわずかですが製造されておりますので、取り扱っている病医院を探してみても良いかと思います。

母乳



ワクチンが母乳に入ることはないので、ワクチン接種をしたから授乳を控えるべきということはありません。

インフルエンザウイルスは胎児・母乳に感染する?



胎児 



基本的に胎盤を通してウイルスが胎児にも感染するということはありません。

母乳



母乳にインフルエンザウイルスが入り込むことはありません。

抗インフルエンザ薬を飲んだら授乳できない?



抗インフルエンザ薬が母乳に移行する量はごくごくわずかであり、授乳を中断する必要はないとされています。

症状開始から48時間以内に抗ウイルス薬(最もデータが多いオセルタミビル:商品名タミフルが望ましい)使用を開始することが重症化を防ぐのに有効と考えられています。

ワクチン接種していてもインフルエンザ感染・発症を100%予防することはできませんので、症状があれば受診しましょう。

インフルエンザになった時の授乳方法



母乳を与えることは問題ありませんが、授乳するとなると赤ちゃんと母親が物理的に近接することになるため、くしゃみや咳を介して赤ちゃんに移しやすくなります。

マスクをして手洗いをしてから授乳し、できるだけ近くにいる時間を減らすとよいでしょう。清潔な服を着、鼻水や唾を触って口に入れることで起こる接触感染も防ぎましょう。

最後に医師から一言



インフルエンザはできれば妊娠中・授乳中にかかりたくない病気です。ワクチン接種と手洗いうがいなどで予防し、感染してしまったら早めに対処しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

参考文献

・CDC 妊婦とインフルエンザ

・厚生労働省のチメロサールについての見解

・日本産科婦人科学会の見解 54ページ

・日本ラクテーションコンサルタント協会

・厚生労働省 妊娠中・授乳中のインフルエンザについて