「ネスレ ウェルネス アンバサダー」のカプセルと、それを飲むためのマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」。

写真拡大 (全3枚)

 ネスレ日本(神戸市)とファンケル(横浜市)は10月12日、栄養や健康の問題に共同で取り組むプロジェクトを始動したと発表した。その第1弾として、家庭や職場に設置した専用のマシンを使って「抹茶」が手軽に楽しめるネスレの「ネスレ ウェルネス アンバサダー」向けカプセル製品を共同開発。インターネット上の専用サイトで販売を開始した。

 今回発売した商品は健康寿命の延伸に貢献することを目的に両社で共同開発したもの。日本人の平均寿命が延びるなか、いつまでも若く健康でイキイキ、美しくいたいという人々のニーズにこたえるために開発。抹茶に含まれるポリフェノールに加えミネラルやビタミン、コラーゲンや食物繊維などを加えたものだ。

 ネスレは、2017年3月から「ネスレ ウェルネス抹茶」4種類を職場や家庭に販売してきたが、サプリメントの研究開発力で実績のあるファンケルの監修のもと、製品設計を見直してリニューアル。日本人の食事で不足しやすいビタミン・ミネラルの種類と量を適切に配合した。

 また、シリーズ累計4,900万個以上を販売しているファンケルのロングセラー商品「カロリミット」と抹茶を融合したカプセル製品「ネスレ ウェルネス抹茶カロリミット」を新発売。さらにコクと旨みのあるミルクカプセルに健康と美容をサポートする成分を配合した「ネスレ ウェルネスラテ」3種類も新しく開発された。
 いずれも1箱15個入りで1,350円(税別)。

 またネスレが運営するWebサイトでは、食事内容や生活習慣などの質問に答えていくとお勧めの商品を提案してくれる機能がある。今日は何を飲めばよいか迷った時に便利だ。

 なお、カプセルを利用するためのコーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」は、ネットで会員登録後、定期購入を申し込むと無料で貸し出される。