西野カナが愛される理由はライブにあり 初の東京ドーム公演に見た“応援歌を歌い続けた10年”

写真拡大

 9月24日。気持ちよく晴れわたった青空は、天気までも祝福モードのようだった。この日、東京ドームでは、西野カナのデビュー10年目を記念した初のドームツアー『Kana Nishino Dome Tour 2017 “Many Thanks”』のファイナル公演が行なわれた。ツアータイトルのように、西野カナからたくさんの「ありがとう」を届ける本公演は、ファンに向けた“おもてなしの心”が感じられる演出やトークが光るホームパーティーのような空間だった。西野カナ史上最も大きな会場でありながら、最も彼女を近く感じることができた心温まる時間をレポートする。

・ “カワイイ”が満載なガーデンパーティー!

 開演時間になるとスクリーンに、白く“Thanks”と書かれた緑のリーフが映し出される。ハラリハラリとリーフが1枚また1枚と増えていき、画面はたくさんの“Thanks”で埋め尽くされていく。すると、センターステージにリアルなリーフが舞い散る中、スポットライトに照らされた西野カナが登場。色とりどりの蝶があしらわれたイエローのドレスに身を包み、アカペラで「Best Friend」を歌い始める。まっすぐな歌声に耳を傾けることで、西野カナをよりリアルに感じられる、そんな心意気を感じる演出だ。ファンが持つローズの形をしたペンライト“フリフラ”がカラフルに光ると、東京ドームは“西野家”の庭園に早変わり。

 「東京ドームへようこそー! みんな盛り上がっていきましょー!」ホストである西野の掛け声を受けて、いよいよガーデンパーティーがスタート。2曲目「Believe」と共にスクリーンには、パーティーを彩るガーランドやフルーツ、スイーツ、ぬいぐるみ、楽器……とフォトジェニックなアイテムが次々と飛び出し、ステージ全体が“カワイイ”で埋め尽くされる。なかでも、もっとも「カワイイ!」とファンの心を掴んだのは、やはり西野本人だろう。3曲目「Have a nice day」になると、早くも1回目の早着替えを披露したのだ。ゴージャスなドレスに、フェミニンなワンピース、カジュアルなショートパンツ……と、なんと今回の公演では、計13回も衣装チェンジをしてファンを楽しませてくれた西野。歌も、ビジュアルも思い切り楽しめるパーティータイムとなった。

・ファン一人ひとりに「ありがとう!」

「みんな元気ですかー? すごいですねー。昨日もね、昨日からはじ……あー、しょっぱ なから間違えたわ……アカン、めっちゃ緊張してる!」MCに入ると、よりいっそう身近に感じられる飾らないトークが繰り広げられる。なかでも印象的なのは、ブログやTwitterに寄せられたコメントを紹介するシーンだ。コメントを読み上げると、投稿者の名前を呼んで、会場を探し始めるのだ。すると、周りのファンも一緒になって探し、見つけた人が“ここ、ここ!”と教えてあげたり「あー! 遠いところからありがとう! 東京タワーとスカイツリーどっちかわかった?」コメントに返信するようなパーソナルなやりとりをみんなで楽しんだりと、会場全体にやさしい時間が流れた。

 西野カナにとって、どんなに大きな会場だとしても、一人ひとりのファンと繋がりたいという姿勢は変わらないのだろう。さらにファンからのリクエストに応えて、全員参加のウェーブを行うことに! 「よーい、ドン!」西野の号令でフリフラのライトが波打ち始める。だが、次第にズレが出てくると、「はい、頑張って頑張って。あ、ちょっと下の(階の)のほうが早い。3階のみんなが付いてこれない〜」と、実況してみせる西野の必死さもまたおかしく、笑顔に包まれたのだった。

・女のコたちの応援歌を歌い続けた10年

 「Darling」「あなたの好きなところ」「好き」で恋する女のコの気持ちを代弁し、「パッ」「Day 7」で自分らしく生きたいと願う女のコたちの背中を押し、「LOVE & JOY」でもっと自由になって人生を楽しもうとエールを送る。西野カナの歌は、きっと心の中にある“女のコ=年齢や性別を問わないピュアな自分”を応援してくれるような楽曲ばかりだ。彼女が紡いできたこの10年で、どれだけ多くの人が元気をもらったのだろう。バラードはファンの目を見つめるように、アップテンポの曲は元気いっぱいに。ムービングステージでキレキレのダンスを踊るダンサーと共に、タオルを回して盛り上げる西野は、まさしくすべての女のコのチアリーダー的存在だ。

 「西野カナ、デビューして10年目の年になりました。ありがとうございます。デビュー当時の私からは、10年後こんなに素敵な場所でみんなと素敵な時間を過ごせてるなんて、想像もつかなかった。本当にうれしいです」と10年の歩みを振り返ると「懐かしい曲を歌います」と、「会いたくて会いたくて」を披露。音楽には、当時の風景がワッと甦る不思議な力がある。西野自身もきっとこみ上げるものもあっただろう。懐かしい気持ち、そしてこの東京ドームの風景を噛みしめるように「Dear…」「君って」「君が好き」をしっとりと歌い上げた。

・これからの西野カナはより強く、美しく!

 懐かしい楽曲とともにこれまでを振り返り、そして次に見せてくれたのは“これから”の西野カナだ。赤×黒のドレスにティアラを付けて再登場した西野は、凛とした表情で「Girls」を歌い上げる。〈迷わずこのまま 進んでいくだけ〉守られるばかりではなく、より強くしなやかに……そんな今を生きる女のコたちを導く、クイーンのようだ。この先の10年をも見据えているかのような、まっすぐな眼差しが印象的なステージだった。

 すると、今度はスポーツカーに乗り込んでアメリカンポップな世界観へ。名曲たちのメドレーで会場の盛り上がりは最高潮に達する。すると西野は白いフェミニンなドレス、そしてユニークなピザ柄ドレス、チェックシャツ&デニムのショートパンツのカジュアルスタイルと、目まぐるしく衣装をチェンジ。楽しいときはもちろん、戦わなくてはならないときも、どんなシチュエーションでも、西野カナの楽曲はいつも寄り添って背中を押してくれる……そんなメッセージにさえ感じられた。そして、バンドメンバーやダンサーたちのショータイムへと続き、ファンはもちろんステージを支えてくれた仲間たちへの“Thanks”も。たくさんの“ありがとう”に包まれて、ライブはいよいよクライマックスへ。

・新曲のサプライズプレゼントも!

 「あっという間やった10年間には、めちゃめちゃ楽しかった思い出もあるし、たまには不安や悩むときも、もちろんあって。そういうときに、みんなの言葉に励まされて。みんなの笑顔に勇気とかパワーをもらって、なんとか今日までやってくることができました。もう全部みんなのおかげです。本当にありがとう!」ときどき言葉を詰まらせながら、ファンへの感謝を語った西野。「もう本当に、歌詞もよく間違える。何回もよく失敗する。本当に10年経っても力不足なところはいっぱいあるんですけど、みんなへの気持ちと愛は誰にも負けないので、これからもよろしくお願いします」その言葉は、そのままラストソングの「トリセツ」にある<これからもどうぞよろしくね こんな私だけど笑って許してね>とリンクした。

 西野からファンへの永久保証を歌うラブソングと共に、スクリーンにはファンの笑顔が次々と映し出される。そして、オープニングと同じようにリーフが積み重なり、ガーデンパーティーは幕を閉じた……かに思えたが、ファンによる「Best Friend」の大合唱が響き渡り、スクリーンには再び西野の姿が。ホワイトボードに“アンコール行くよ!”と書き込むと、控え室から廊下、そしてブルペンを通って、会場を目指す映像が流れる。いよいよステージにやって来るかと思いきや、なんと巨大な気球に乗って登場! 「GO FOR IT‼」を歌いながらぐるりとドームの中を一周すると、メインステージに降り立ちノンストップで「遠くても」を披露。そして「新曲持ってきましたー!」と、10月にリリースする「手をつなぐ理由」「One More Time」と2曲続けて歌うサプライズな展開が待っていた。そして「もう1曲だけみんなで歌いたいんですけどいいですかー?」と「Together」を熱唱すると、客席をバックにファンと一緒に記念撮影へ。

「今日からまたしばらく、みんなそれぞれの毎日になっていくけども。みんなにいっぱい元気が届きますように、みんなが毎日ニコニコしていられますようにって、ずっと想ってエールを送ってます。今日は本当にありがとう! またねー‼」10〜20代女性のカリスマと言われてきた西野カナ。だが、会場に集まった人たちを見ると、女性はもちろん、男性グループ、親子などの家族連れなど、老若男女さまざまだ。さらには、海外から来ているファンも。その支持層は、年齢、性別、国境を軽く超えている。SNSからリアルに繋がる温かさ、そのままの気持ちを言葉にする素直さ。そして、圧巻なライブパフォーマンス。西野カナが愛される理由は、ライブにこそある。(文=佐藤結衣)