メルセデス・ベンツと合併の中国企業 タカタ製を理由に35万台リコールへ

ざっくり言うと

  • メルセデス・ベンツと中国の合弁会社が、35万1218台をリコールする
  • 対象となるのは、2006年から2012年にかけて国内外で生産された車
  • タカタ製エアバッグの不具合が理由で、リコールは15日から開始される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング