有村架純と坂口健太郎、街を歩くデートシーン 『ナラタージュ』本編映像

写真拡大

 現在公開中の松本潤主演映画『ナラタージュ』より、本編映像が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、2006年版「この恋愛小説がすごい!」の第1位に輝いた作家・島本理生による同名小説を『世界の中心で愛を、叫ぶ』の行定勲監督が映画化したラブストーリー。高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、恋に落ちる様を描く。

 許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山役を松本、葉山を全身全霊で愛する工藤泉役を、有村架純が演じる。そして、泉に想いを寄せ、一度は恋人になるも、葉山を忘れられない泉への恋心と嫉妬に揺れる大学生・小野怜二役を、坂口健太郎が務めた。

 今回公開された本編映像は、泉が小野と付き合うことを決めるシーン。泉は小野と時間を過ごすことで、小野からの告白を受け入れる。しかし、付き合うことになったものの、ひとりバスに揺られる泉が遠い目をしながら、何とも言えない表情を浮かべる。葉山を想いながらも忘れようとする、複雑な泉の心情が伝わってくるシーンになっている。(リアルサウンド編集部)