ジャック・ホワイト、児童書を出版

写真拡大

ジャック・ホワイトが来月、初めて執筆した児童書『We're Going To Be Friends』を出版する。

◆『We're Going To Be Friends』画像

ホワイト・ストライプスのサード・アルバム『White Blood Cells』(2001年)に収録された同名タイトルの曲の歌詞にインスパイアされ誕生した物語で、男の子と女の子が友達になっていく心温まる過程を描いている。子供だけでなく、大人もノスタルジックな想いを抱き、楽しめる内容だそう。

シンガー・ソングライターのエイプリル・マーチことエリノア・ブレイクがイラストを担当した。

ホワイトとブレイクは本の出版を記念し、LA(11月4日)とNY(11日)の書店でサイン&朗読会を開くそうだ。

『We're Going To Be Friends』は11月7日、ホワイトのレーベルThird Man Recordsの傘下にあるThird Man Booksから出版される。本を購入すると、同名タイトルの曲のホワイト・ストライプスのオリジナル・ヴァージョンと、エイプリル・マーチおよびウッドステーション小学校の合唱団による新ヴァージョンがダウンロードできるそうだ。

詳しくは、Thirdmanstore.comまで。

Ako Suzuki