故障者/清水=杉山、飯田、六平 磐田=山本、小川航、荒木
出場停止/清水=なし 磐田=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ29節
清水エスパルス - ジュビロ磐田
10月14日(土)/14:00/IAIスタジアム日本平
 
清水エスパルス
今季成績(28終了時):13位 勝点29 7勝8分13敗 31得点・45失点
 
【最新チーム事情】
●増田と犬飼の実戦復帰が可能に。
●エスパルス25周年記念特設サイトでフォトギャラリーを公開。
 
【担当記者の視点】
 前節の大宮戦は、残留争いのライバル相手にアウェーで引き分け、最低限の目的を達成した。とりわけ、無失点に抑えたのは収穫で、今節の静岡ダービーにも好影響を与えそうだ。
 
 磐田戦のポイントは、ずばりセットプレー。前回対戦では中村俊輔のFKを起点に2点を先行され、1-3で敗れた。この飛び道具を防がない限り、清水に勝機はないだろう。
 
 流れのなかでの攻撃は、鄭大世とチアゴ・アウベスを要する清水も迫力は十分。粘り強く守って、強力2トップの爆発を待ちたい。
 
J1リーグ29節
清水エスパルス-ジュビロ磐田
10月14日(土)/14:00/IAIスタジアム日本平
 
ジュビロ磐田
今季成績(28節終了時):6位 勝点47 13勝8分7敗 41得点・26失点
 
【最新チーム事情】
●肉離れで戦列を離れていた大井が練習に復帰。12日の紅白戦では主力組でプレー。
●足首痛によりしばらく別メニューが続いた川又も、11日に全体練習に合流した。
●8日の鈴鹿アンリミテッドとの練習試合で松本が1得点・1アシスト。山田もゴール
を決め快勝を収めた。
 
【担当記者の視点】
 清水との静岡ダービーを前に名波監督は、「たとえジャンケンでも負けたくない相手」とコメント。カップ戦も含めた“シーズントリプル(3戦3勝)”を狙い、燃えている。
 
 勝利のために必要なのは、攻守で前へ仕掛ける積極性だ。昨年に残留争いを経験した選手たちは、清水がこの試合でぶつけてくる闘志を警戒。ここ数試合はシュート数が少ないだけに、立ち上がりから勢いを出していくことが求められる。
 
 前節は4バックだったが、大井が復帰予定の今節は3バックの見込み。過去10戦勝ちがない日本平での静岡ダービーを制すれば、終盤戦へ弾みがつく。