故障者/G大阪=藤本、ファビオ、アデミウソン、金、市丸 新潟=なし
出場停止/G大阪=倉田 新潟=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ29節
ガンバ大阪-アルビレックス新潟
10月14日(土)/14:00/市立吹田サッカースタジアム

ガンバ大阪
今季成績(28節終了時):9位 勝点40 11勝7分10敗 44得点・34失点

【最新チーム事情】
●C大阪とのルヴァンカップ準決勝は、2戦合計成績(1分1敗)で敗退。
●代表戦で2ゴールの倉田は出場停止。
●ルヴァンカップに引き続き、今野はCB起用へ。

【担当記者の視点】
 長谷川監督の退任発表後、負の流れを断ち切れずにいる。唯一、タイトル獲得の可能性があったルヴァンカップも準決勝で散り、公式戦ここ7試合勝利から見放されている状況だ。

 ACL圏内進出も厳しい現状とはいえ、ホームで無様な戦いを見せるわけにはいかない。ここぞで緩さが目に付く守備を引き締めつつ、中盤から前線では代表帰りの井手口、ふた桁得点まであと1ゴールに迫る長沢らの奮起に期待したい。
J1リーグ29節
ガンバ大阪-アルビレックス新潟
10月14日(土)/14:00/市立吹田サッカースタジアム

アルビレックス新潟
今季成績(28節終了時):18位 勝点12 2勝6分20敗 19得点・56失点
 
【最新チーム事情】
●今節にも初の降格の可能性
●怪我人が全員トレーニングに復帰、攻守の方向性を改めて確認
●勝つしかない状況で、アグレッシブさを取り戻す気配
 
【担当記者の視点】
 引き分け以下なら、他会場の結果次第で初の降格が決定。クラブにとって、非常に重要な一戦に臨む。その意味は選手、監督・スタッフも理解しており、2週間かけて攻守の戦術、フィジカル、メンタル面で可能な限りの準備を進めてきた。
 
 怪我で別メニューだった選手が続々と復帰し、今週のトレーニングでは韓国代表に初選出されたソン・ジュフンを除く全員が参加。10日のモロッコ戦で代表デビューを果たしたジュフンも13日はトレーニングを行ない、G大阪戦に備えている。
 
 この2週間のトレーニングでは、よりアグレッシブに攻守に戦う姿勢が確認された。勝つしかない状況で、チームは試合開始と同時に勢いを持ってプレーする。