ルノー・メガーヌGT新型

写真拡大 (全4枚)

ルノー・ジャポンは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に、新型『メガーヌGT』をはじめとするスポーツモデルと、ルノーF1ショーカーを展示する。

ルノーは1977年、それまで誰も使っていなかったターボエンジンでF1への挑戦を開始。参戦当初はエンジンが白煙を吹いて壊れるなど、トラブルも多発。それでもルノーはあきらめずに挑戦を続け、2年後に初優勝を果たした。以降、モータースポーツへの情熱は40年冷めることなく、その間多くのタイトルを獲得してきた。

今回の東京モーターショーでは、ルノーのF1参戦40周年を記念し、スポーツモデルのみを展示する。目玉は、11月に発売となる新型メガーヌGT/スポーツツアラーGT。前後輪すべてを操舵する4コントロールを装備し、コーナリング性能向上による走りの楽しさと、先進の安全性を兼ね備える。

そのほか、『ルーテシアRSシャシーカップ』『トゥインゴGT』といったスポーツモデルに加え、ルノーのモータースポーツへのパッションの象徴であるF1ショーモデルを展示する。 《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》