テレビドラマ音楽、映画音楽の第一人者・渡辺俊幸が、オリジナルアルバムをリリース

写真拡大

テレビドラマ音楽、映画音楽の第一人者として、数々の大ヒット作品の音楽を世に送り出してきた音楽家 渡辺俊幸が、オーケストラとピアノによる自身初となる全編作編曲で奏でる、願いと祈りを込めた魂のオリジナルアルバム『Prayer』を11月17日にリリースする。

渡辺俊幸は、1973年にフォークグループ「赤い鳥」にドラム、キーボード担当として加入。解散した後は「ハミングバード」を結成。「ハミングバード」解散後はさだまさし、吉田正美(現・政美)のフォークデュオ「グレープ」のサポートメンバーとしての活動を経て、後にソロデビューしたさだまさしの専属音楽プロデューサー、編曲家を務めている。テレビドラマ音楽、映画音楽の第一人者として、NHK大河ドラマ「利家とまつ」「毛利元就」、NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」「おひさま」、NHKドラマ「大地の子」など数々の大ヒット作品の音楽を制作。他にもアニメ音楽、純音楽の制作も手掛けるなど、非常に幅広いジャンルで活躍中だ。

“本アルバムについて”
作曲家として長きに亘って音楽と向き合って来ましたが、音楽を追求すればするほど、その神秘性と不思議さを感じずにはいられません。 音楽は、目に見えず抽象的なものですが、音の波動として人の心にさまざまな形で働きかける力を持つと信じます。
 例えば怒り心頭に達している人が、音楽を耳にしただけで気持ちがすっと穏やかになる事もあれば、逆に戦意を煽るために音楽が利用される事もあります。死にたいほどの悲しみを抱えた人が音楽を聞く事で生きる希望を見出す例もありますし、現世を超越した宗教的な感動を与える場合もあります。これが音楽の神秘性です。絵画や文学などの芸術においても宗教的世界が数多く表現されて来ていますが、元々それが目に見えず、言葉を超えた存在あるいは世界ゆえに、ある意味同じ形態の音楽こそが最も直接的に人の心をそこに運び得るのではと感じます。本アルバム「Prayer」に収められた楽曲には、それぞれ何らかの意味での私の祈りが込められています。地球環境、政治経済等に深刻な問題を抱える現在、音楽家としての私が自主的にするべき事としてこのアルバムを制作しました。世界の平和を心から祈ります。
渡辺俊幸

リリース情報
タイトル : Prayer
価格 : \2500(税抜き)
品番 : NYCC-13001
発売日 :2017年11月17日
発売元 : Magicalmusic
販売元 : Naxos Japan,Inc.
●収録曲
1.Memory of Happy Days〜幸せな思い出
2.Ohisama〜おひさま
3.Forest of Fairies〜妖精の森
4.Theme of a Forest〜森のテーマ
5.Brightness of Love〜愛の輝き
6.Prayer〜祈り
7.Affection〜慈愛
8.Remembrance to Far-Off Time〜遥かなる時への追想
9.A Light Far in the Distance〜彼方の光
10.Hymn to Forests and Earth〜森と大地への讃歌

ライブ・イベント情報
開催日時;2017年11月6日(月) 17時半開場 18時半開演
会場;浜離宮朝日ホール
出演;【音楽監督・指揮】渡辺俊幸
【歌】ナターシャ・グジー
【ピアノ】中島 剛
【ヴァイオリン】水野佐知香
【演奏】東京ニューシティ管弦楽団ストリングス
【誘導瞑想】はせくらみゆき
【司会】桜香純子
お問い合わせ;株式会社アートシンフォニー 042-407-2005