エアアジア・ジャパンは、10月29日にも就航する方向で最終調整を進めていることがわかった。

関係者の話を総合すると、10月29日にも名古屋/中部〜札幌/千歳線に1日2便を就航させる。午前と午後に1便ずつを運航する。その後、名古屋/中部〜台北/桃園線も開設する。

国土交通省からの認可は遅くとも16日までに得られ、来週中にも航空券の発売を開始することを見込んでいる。就航に合わせ、グループ最高経営責任者(CEO)のトニー・フェルナンデス氏も来日する方向で調整している。

エアアジア・ジャパンは、2015年10月にエアバスA320型機の初号機を受領。約2年に渡って就航ができなかった。