フィリップ モリスの加熱式タバコ『IQOS』。アーティストとコラボしたケースなど、IQOSを楽しむためのアイテムがいろいろ出ていますが、このたび「IQOSのある生活」をテーマに新たな展開が発表されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

2017年に開始した、IQOSが世界のイノベーターとともに創り上げるグローバル・プロジェクト「The IQOS Pathfinder Project」の一環として、クリエイティブ・ディレクターのNIGO氏とコラボしたライフスタイル・コレクションと、オリジナルのIQOSデバイスをリリースすることになったのです。10月12日、都内においてその発表会が行われました。

発表会では、フィリップ モリス ジャパンのタヌージャ・スリアラチ(Tanuja Suriarachi)氏からプロジェクト概要の説明、そして長谷川靖氏から商品概要についての説明が行われました。


今回のプロジェクトにあたって、NIGO氏が設定したテーマは「日本ならではのクリエイティビティ」。それを象徴するアイコンとして選ばれたのは、新たにデザインされた「家紋」です。IQOSのシンボルとして設定されているハチドリと、IQOSそのものと言えるタバコの葉と花を組み合わせたオリジナルのもの。新しいものの、まるで昔からあったかのようなトラディショナルさを兼ね備えたデザインです。

第1弾として10月19日にリリースされるのが、「THE CRAFTED COLLECTION」。日本の屋根を彩ってきた瓦を素材として採用したコレクションです。淡路島にある瓦工房とコラボし、全ての品が手作り。ポケットチャージャーとヒートスティックの箱を置けるスタンドやホルダー、そしてトレイ状のディスプレイ(各1万9800円)。使用済みのヒートスティックを納めるためのトレイ(L:1万9800円・S:1万1900円)は、瓦素材の容器にウォールナットの蓋がついています。

また、セラミック製のトレイとカップがセットになったコーヒーセット(3980円)も。トレイにはIQOSとヒートスティックを置くためのくぼみも作られています。そして昔ながらの刻みタバコ入れを彷彿とさせるポーチ(1980円)もラインナップ。IQOSのあるライフスタイルを演出します。


発表会では、枯山水をイメージしたディスプレイでアイテムが展示されました。




「THE CRAFT COLLECTION」は、IQOS公式サイトのオンラインストアと、一部のIQOSストアで販売されます。

これに続いて2017年12月にリリースを予定している第2弾アイテム「THE CAMO COLLECTION」は、NIGO氏の代名詞とも言えるカモフラージュ柄のコレクションです。基本のリーフ(ERDL)パターンをモチーフにしていますが、パターンに使われているデザインはタバコの葉。

また、2018年にリリースを予定している第3弾「THE PURITY COLLECTION」では、形状が小判に似ていることから、外側をポリッシュしたゴールドプレートで装飾したポケットチャージャーが登場します。2色展開されますが、シルバーに見える方もホワイトゴールドを使用。所有する喜びをもたらすコレクションです。


第2弾・第3弾については、発表会ではデザインのみが公開され、詳しいリリース日と価格は未定。最新情報はIQOSユーザーのオンラインコミュニティ「IQOSphere(アイコスフィア)」で順次告知される予定となっています。

(取材・咲村珠樹)