「間に合ったこんな幸せありますか?」 間に合ったのは、なんと「トイレ」

写真拡大

 世の中、いろいろなものを題材とした川柳があるが、今回のテーマは「トイレ」。TOTOは、第13回「トイレ川柳」の入選作品を発表した。26,338句の応募の中から、最優秀賞であるネオレスト賞(1句)を受賞したのは、「間に合ったこんな幸せありますか?」。大事な面接に遅刻しそう、飛行機に乗り遅れそうなど、人生にはさまざまな「間に合わないかも!」がある。「トイレに間に合った!」は、誰しもが経験としてありそうだが、それを川柳にするのは意外と思い付かないかも。しかも、こんな幸せありますか?ときている。

 Water Style賞(1句)は「空梅雨で節水型に換えました」。今回から新設された仲畑貴志賞(3句)には、「どの椅子も君に比べちゃお粗末さ」「あの時に行っておけばと思う時」「水の音顔が戦士にまた戻り」が選ばれた。

 今度トイレに行くときは、ついでに川柳でも考えてみる?