はなわ 歌のモデルになった『お義父さん』が亡くなり「涙がこみあげてきて」

写真拡大

弾き語り芸人のはなわさんが、自身のブログで2017年10月8日に義父が亡くなっていたことを報告しました。

はなわさんは、3月に楽曲『お義父さん』を発表。

この曲は、はなわさんが妻の智子さんに誕生日プレゼントとして贈ったもの。ずっと音信不通だったという、智子さんの父親に向けたメッセージソングです。

『お義父さん』が話題になったことがきっかけとなり、智子さんは長年会っていなかった父親と再会。はなわさんも結婚15年目で、初めて義父と顔を合わせることができたのです。

久しぶりに会った父親と娘の会話を聞き、号泣してしまったというはなわさん。

しかし、その時すでに、義父は末期がんを患っていました。

お義父さんへの想い

義父が亡くなり、行われた告別式で『お義父さん』を歌うことをリクエストされたはなわさん。

親族の前で歌を披露し、「歌っている最中に涙がこみ上げてきた」といいます。

続けて「もしこの曲を来年作っていたら、お義父さんには会えなかった。不思議な力を感じる」と語りました。

そしてブログの最期に、義父への感謝の想いをつづっています。

お義父さんのおかげで歌が生まれ、そして家族の絆が深まりました。

お義父さんの為にもこれから家族みんなで力を合わせて頑張っていこうとおもいます。

そして、大切なこの歌を一生かけて歌っていこうと思います。

いつまでも空から見守っていてください。

そして、最後に

こんな素敵な娘を僕にくれて、ありがとうございます、お義父さん。

はなわオフィシャルブログ ーより引用

生前、智子さんの父親は娘夫婦を応援してくれていたのだそうです。

はなわさんがいうように、きっと空から2人を見守ってくれていることでしょう。

[文・構成/grape編集部]