第2話「風呂/日記/洗濯」より /(C)つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

写真拡大

テレビアニメ「少女終末旅行」第2話のカットとあらすじが到着しました。

第2話「風呂/日記/洗濯」より / (C)つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

<第2話「風呂/日記/洗濯」あらすじ>見渡す限り一面の銀世界をケッテンクラートに乗って走るチトとユーリ。雪はしんしんと降り続き、ケッテンクラートが走ったあとのわだちもすぐ雪に覆われていく。ユーリは荷台でいくつもの雪玉を作っては並べながら、チトにここはどこなんだろうと尋ねるが、答えなど出るはずもなく、徐々にその勢いを増していく雪と風。吹雪の中で本格的に生命の危機を感じ始めたチトとユーリは意識を失いそうになりながら、寒さを凌げる場所を探す。[脚本:筆安一幸、絵コンテ:尾崎隆晴、演出:土屋浩幸、作画監督:小野田 貴之]

第2話「風呂/日記/洗濯」は、10月13日(金)21時30分からのAT-Xを皮切りに、TOKYO MX・テレビ愛知・KBS京都・サンテレビ・TVQ九州放送・BS11で放送。また、AbemaTVにて毎週金曜22時から配信される他、dアニメストアなどの各配信サービスでも観覧できます。

「少女終末旅行」は、「くらげバンチ」で連載中のディストピアファンタジー。人間社会が崩壊し、人間や生き物たちがほとんどがいなくなってしまった終末の世界を舞台に、ケッテンクラートに乗った2人の少女、チトとユーリが旅をする姿を描きます。