ホワイトハウスのインナーサークルに最も深く入り込んだ日本人記者が最新の内情をリポートします(写真:Leonid Andronov / PIXTA)

日本が総選挙一色になっているなか、北朝鮮危機に直面する米国のホワイトハウスで、混迷が深まっている。ドナルド・トランプ大統領を支える側の共和党の重鎮から、「(このままでは)われわれは第3次世界大戦に向かっていく可能性がある」という発言が飛び出している。

これは、米国の外交政策に強い影響力を持つ米上院外交委員会の委員長であり、与党・共和党の上院議員であるボブ・コーカー氏の言葉だ。

トランプ大統領が北朝鮮に対する姿勢を変えなければ、最悪の軍事衝突になりかねない、という極めて強い警告といえる。安倍晋三首相による突然の衆院解散で、日本で大きな政治空白が生じているなか、米国で進行する「中枢の危機」についてリポートしたい。

「リアリティ番組に出ているようだ」

「こうした大きな外交政策課題について、大統領が話しているとき、彼はリアリティ番組か何かに出ているかのようだと、私はしばしば感じる(Sometimes I feel like he’s on a reality show of some kind, you know, when he’s talking about these big foreign policy issues)」

10月9日の月曜日。米ニューヨーク・タイムズ紙のデジタル版に掲載された、米上院外交委員長、ボブ・コーカー(Bob Corker)上院議員(共和党)へ8日に行われたインタビュー記事は、米首都ワシントンのインサイダーたちにとって、大きな衝撃となって伝わった。外交政策に精通し、与党・共和党の上院外交委員長として大きな力を持つコーカー氏が、ホワイトハウスの内情について赤裸々に語ったからだ。

ビジネスマン出身のコーカー氏は、2007年からテネシー州選出の上院議員を務めている。政策通であり、その気さくな人柄も相まって、米国で有名な上院議員だ。

この話には前段がある。8日の日曜日の朝、トランプ氏が、ツイッターで、コーカー上院議員について、「再選を支持するように私に懇願していた」「出馬するガッツがない」と批判。これに対し、コーカー氏が「ホワイトハウスが大人の保育園(adult day care center)になってしまったのは、恥だ」とツイッターで切り返していた。

上院議員として現在2期目のコーカー氏は、来年2018年の11月に中間選挙を迎える。しかし、この選挙には出馬しないことを、コーカー氏は今年9月末に発表していた。その不出馬を巡って、トランプ氏が、コーカー氏を揶揄し、コーカー氏が反論した、というのが日曜日の構図だった。さらに、コーカー氏は、ニューヨーク・タイムズのオン・ザ・レコードの(オフレコではない)インタビューを受けた。

日本では、コーカー氏が、ホワイトハウスについて、「大人の保育園」だとツイートした事実自体は報じられていたが、なぜ彼がそう語ったのかという中身についてはほとんど報道されていないように思う。重要なのは、コーカー氏がそう考えた中身のほうだ。

「トランプ大統領をどうやって封じ込めるか」の毎日

コーカー氏が語った内容は以下のようなものだった。

・ホワイトハウスでは、毎日が、どうやってトランプ大統領を封じ込める(contain)するか、という状況になっている。
・幸いにして、現時点では、いい人々(※筆者注:レックス・ティラーソン国務長官、ジェームズ・マティス国防長官、ジョン・ケリー・ホワイトハウス首席補佐官のことを指しているとみられる)が周囲にいて、大統領の最悪の直感を、押さえ込んでいる。大統領が、道の真ん中から外れていかないように、周囲は大変な苦労をしている。
・共和党の議員の大半は、ホワイトハウスがそうした事態に陥っていることを知っている。

こうしたコメントのあとで、記者から、「米国は(トランプ氏の言動で)危険にさらされているのだろうか」と、聞かれたコーカー氏は、こう答えた。

「彼自身は認識していないだろうが、彼が口にしているようなコメントを続けていると、われわれは、第3次世界大戦へと向かっていく可能性がある(And, you know, he doesn’t realize that, you know, that we could be heading towards World War with the kinds of comments that he’s making)」

米上院の外交委員長から、「第3次世界大戦」という言葉が飛び出すのは、非常にショッキングといえる。コーカー氏の言葉は、トランプ氏が金正恩氏を「ロケットマン」などと呼び、挑発的な言動を繰り返していることが、外交的な解決の道を閉ざしていき、米国が軍事行動へと向かいかねないことを示唆していた。

トランプ氏のこうした言動については、日本国内でも、「トランプ氏は意図的に挑発的・攻撃的な言葉を言い、ティラーソン国務長官は対話路線を掲げることで、トランプ政権は役割分担をしているのだ」という見方がある。コーカー氏はこうした「よい警官と悪い警官」論についても、「そうした見方はまったく違う」と全否定し、役割分担などなく、トランプ政権内が単純に混乱しているだけだ、という考えを語った。

ホワイトハウス内の混乱については、私自身、政権に近い関係者から、「マティス国防長官や、ケリー首席補佐官らが、トランプ大統領を押さえ込んでいる」という話を聞いていた。コーカー上院議員の発言は、私が聞いていた関係者の話にも沿ったものといえる。が、ティラーソン国務長官らと日常的に連携している究極のインサイダーである共和党の重鎮、コーカー氏の危機感がここまで強いことに、私は驚いた。

ホワイトハウスの高官たちは、トランプ氏をどの程度コントロールできているのか。

政権に近い関係者は私に、「50%は制御できるが、50%は制御できない」とも最近語っていた。そのコントロールできていない部分で、トランプ氏が挑発的な言動を繰り返し、北朝鮮との裏交渉も行き詰まっているのが、最近の状況のように見える。

トランプ氏の最近の言動で印象的なのは、9月19日の国連総会での演説で、トランプ氏が、金正恩氏を「ロケットマン」と呼び、北朝鮮を「完全に破壊する」可能性に言及したことだった。

「ロケットマン」や「完全に破壊」は原稿になかった

この内幕について、ロサンゼルス・タイムズ紙は、「『ロケットマン』や『完全に破壊』という言葉は事前の原稿にはなく、むしろ米高官らは『金正恩氏を個人攻撃すれば、交渉が閉ざされるため、そうした言動は控えるように』と伝えていたにもかかわらず、トランプ氏がそう言ってしまった」と報じた。米メディアによると、その大統領の発言の際、ケリー首席補佐官は頭を抱えていたという。

コーカー氏が、今回あえて、オン・ザ・レコードのインタビューで、トランプ氏を批判したのは、こうした経緯が背景にあり、対話路線の可能性をどんどん小さくしている米国の現状に警鐘を鳴らす狙いがあるのだろう、と私は感じる。来年の選挙に出ないだけに、率直なモノ言いに転じたという側面もあるだろうが、ニューヨーク・タイムズが公開しているインタビューの詳細なやりとりや音声からは、米国の将来を憂慮するコーカー氏の強い気持ちが伝わってくる。

拙著『乱流のホワイトハウス トランプvs.オバマ』でも触れたが、トランプ氏が大統領らしくない言動で、金正恩氏と挑発を繰り返す現状は、互いの計算違いによって偶発的な軍事衝突を招きかねず、極めて危険だと私はかねて感じている。

軍事衝突に至らないようにするための外交努力を、国務長官のティラーソン氏らが行っている現状において、トランプ氏は対話路線に否定的な言動を続けている。トランプ氏と、「ティラーソン国務長官・マティス国防長官・ケリー首席補佐官」との間の緊張関係も伝えられている。

トランプ氏は10月11日、ホワイトハウスの記者団に、「私は、北朝鮮への姿勢について、ほかの人たちとは少し違う態度をとっている。私は皆の意見を聞くが、最後に重要なのは私の姿勢だ(I think I have a little bit different attitude on North Korea than other people might have. And I listen to everybody but ultimately my attitude is the one that matters)」と語り、高官たちとの意見の相違を認めるとともに、重要なのは自分の考えだ、と強調した。

そして、トランプ氏は、イランとの核合意や対イラン戦略についても、側近らの反対を押し切って無効にするかどうかや、戦略をどう修正するのかを検討している最中だ。

日本では、今回の解散総選挙のタイミングについて、「年末から年明けにかけては米国の軍事行動の可能性が高まり、解散どころではなくなる。小康状態のいまだからこそ、首相は解散を決断したのだ」という官邸発とみられる情報がメディアに流布されている。

しかし、米朝間の緊張はすでに高く、偶発的な衝突はいつでも起こりかねない状況だ。そして現在は、韓国や日本に大きな被害が及びかねない軍事衝突を防ぐため、外交努力を行うのに非常に重要な時期でもある。その大切な時期に、日本は総選挙をやっている。

元高官「トランプ大統領は戦争を始めるのではないか」


オバマ政権で国家安全保障を担当していた元高官は今春、「トランプ大統領が、戦争を始めるのではないかと心配だ」と私に語っていた。元高官の懸念は、ベトナム戦争よりも長くなったアフガニスタンでの戦争で米軍はすでに疲弊しており、米軍や米社会は新たな戦争に耐えられないだろう、というものだった。

米国がいま、戦争する可能性が高いのは、北朝鮮との間であることは明らかだ。私はもちろん、危機が高まる米朝対立のメインシナリオは、米朝間の直接対話による危機回避だと思う。ただ、コーカー氏を含めた米国のインサイダーたちが、戦争に至る危険性に言及するなかで、万が一、戦争になった場合に、日本にどの程度の被害が及ぶのか、といった冷静な議論が日本国内ではなされていないように感じる。

そうした議論がないまま、「圧力をかける」ことばかりが語られ、日本に被害が及ばないようにするための、対話や外交努力についての議論が日本国内で乏しいことは、非常に気がかりだ。