日本テレビ系のお正月目玉番組「箱根駅伝」の話題だ。「来年の出場権をかけた予選会があす14日(2017年10月)行われます」と水卜麻美キャスターが伝えた。

予選会はシードの10校以外の10枠が争われ、なかでも「スッキリ」が注目しているのは、名門復活にかける中央大学だ。

「中大史上最弱世代」の上級生が奮起

中大は箱根駅伝連続出場87回、最多優勝(14回)という記録を持つが、昨年の予選会は11位で、連続出場記録がストップしてしまった。要因は「中大史上最弱世代」と自ら語る4年生ら上級生の力不足だ。今年は合宿などで厳しいトレーニングを積み、ミーティングで意識改革に取り組んできたという。

その成果か、タイムも向上し、藤原正和監督は「人ってここまで変われるのか。本当に成長した」と手応えを感じている。

日テレ系ではあす午前9時25分から「SAPPOROスポーツスペシャル 第94回箱根駅伝 予選会」の放送が予定されている。その番組宣伝というわけでした。