カタルーニャ自治政府首長(当時)のリュイス・コンパニスのイメージを背景に写真に収まる人々。スペイン・バルセロナで(2016年10月15日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】独自の言語と文化を持ち、経済的繁栄を築いたスペイン北東部のカタルーニャ(Catalonia)自治州は今月初め、中央からの分離を模索して住民投票を行い、過半数の賛成票を得た。しかし、スペインの中央政府はこれに反対し、カルレス・プチデモン(Carles Puigdemont)自治州首相が中央政府との交渉の機会を設けるために保留としている独立宣言を行うのであれば、同州の自治権を停止すると圧力をかけている。

 もし人口750万人のカタルーニャ自治州がスペインからの分離を実現させることになったとしても、それは同地域における初めての試みではない。約80年前にも同様の動きがあった。

 1934年10月6日、カタルーニャ自治政府首長のリュイス・コンパニス(Lluis Companys)は、当時存在していなかった「スペイン連邦共和国枠内のカタルーニャ国」を宣言した。

 バルセロナ(Barcelona)のカタルーニャ自治区役所建物のバルコニーから、コンパニス首長は「国民と議会を代表して、私の主宰する政府はカタルーニャの全権力を掌握し、カタルーニャ国家を宣言する」と叫び、「ファシズムに対するゼネストの指導者らを招いて、カタルーニャに共和国臨時政府を樹立する」と宣言した。

 同首長が宣言を行った当時、左派諸政党は右派政党連合所属の3閣僚の自治政府入りに抗議し「革命的ゼネスト」を展開していた。しかし、コンパニス首長はゼネストの指導者らと事前に協議していなかったとされている。

 スペイン中央政府の対応は迅速だった。カタルーニャの軍司令官ドミンゴ・バテト(Domingo Batet)将軍はカタルーニャ政府の命令に従うことを拒否。スペイン中央政府指導者との協議の結果、バテト将官は戦争状態にあると宣言した。

 その後、親独立派の民兵に歩兵1人が射殺されたことをきっかけに軍が弾圧を開始した。歴史学者らの説では、その一夜の衝突で46人〜80人が死亡したとされている。コンパニス首長は10月7日午前6時、独立宣言からちょうど10時間後に降伏し、他の政府閣僚や議員らとともに逮捕された。

 12月14日、カタルーニャの自治権を無期限に停止する法律が成立した。

 コンパニスは1936〜39年のスペイン内戦後、フランスへ亡命。1940年に旧ドイツ軍によって逮捕され、フランシスコ・フランコ(Francisco Franco)独裁政権に引き渡された。10月15日、コンパニスは銃殺隊により処刑された。以後、独立賛成派からは英雄視されている。
【翻訳編集】AFPBB News