男子ゴルフの元世界ランク1位タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

写真拡大

復活目指すウッズ、友人ジョーダン氏が持論「我々は大人にならなければならない」

 男子ゴルフの元世界ランク1位タイガー・ウッズ(米国)は、持病の腰痛と睡眠障害から復活を期し、リハビリに励んでいるが、ウッズとともに米スポーツ界でレジェンドとして君臨したNBAのスーパースター、マイケル・ジョーダン氏が友人について「今の彼は転換期にあると思う」と持論を語っている。米メディアが報じた。

 ウッズは復活に向け、一歩ずつ進んでいる。今月8日にツイッターに「スムース・アイアン・ショット」と題して動画を投稿し、往年のような力強いスイングを披露。この映像を米メディアも取り上げ、ファンから「史上最高が帰ってきた」などと大反響を呼んでいたが、ゴルフ界のレジェンドについてバスケ界のスターも口を開いた。

 ジョーダン氏は、米雑誌「Cigar Aficionado」のインタビューに登場。友人であるウッズの現状について問われると「今の彼は転換期にあると思う」と語って“同情”した。

「我々、アスリートにはそういった時期があるものだ。我々は大人にならなければならないし、正しい決断を下さなければいけない。私が見る限り、彼はとてもユニークな状況にいると感じている」

 何かと世間を騒がせ、浮き沈みの激しいキャリアを歩みながら、復活に向けて奮闘しているウッズについて、こう語ったジョーダン氏。さらに、SNS時代にスーパースターとして生き抜くことの難しさを明かした。

NBAの神様ジョーダン氏が語る“SNS時代のスター”の難しさ「時に誤解されやすい」

「彼の絶頂期は私のキャリアも終盤に差し掛かった頃だったが、それはソーシャルメディアが登場した頃でもある。これだけツイッターが一般的になり、プライバシーの垣根がない時代で、自分が(現役を)やっていけたかわからない。純真でいることは時に誤解されやすいんだ」

 また、ジャック・ニクラス氏とどちらが史上最高ゴルファーかという論争については「史上最高を決めることなんてできない」と独自の考えを語った。

「私からすれば、そういった話題はPRなどの類にすぎない。彼らは直接対決したこともないし、同じトーナメントや同じ道具を用いてプレーしたわけでもない。誰が優れていて、誰が劣っているなんてことを語るのはフェアではない。共通点を語ったりすることで、彼らがその競技にどれだけのインパクトを与えたり進化させたのかは、ジャッジすることができるけどね」

 このように誠実に語ったジョーダン氏。それだけ、友人のウッズを思う気持ちはあるようだ。米スポーツ界を巻き込んで復活に向けた動向が注目されているゴルフ界のレジェンド。一日も早い復帰を期待したい。