運動不足解消なら大人も乗れる一輪車がいい理由

写真拡大 (全6枚)

一輪車に乗ったことってありますか? 小学生の頃に夢中になったという方もいれば、難しくて乗れずじまいだったという方もいるかもしれませんね。実は一輪車は体幹を鍛え、脳の発達にも効果が! 大人も乗れるタイプの一輪車に乗って、スポーツの秋を楽しんでみませんか。

▲ブルー 16インチ/24インチ

ブリヂストンから登場した一輪車「SPINZ(スピンズ)」(1万8144円 10月下旬発売)。16、20、24インチ(適正慎重110から185cm)を揃え、子どもから大人まで幅広い世代で楽しめます。

特徴はスポーク部分。従来の子ども向け一輪車はスポークが樹脂製で、大人が乗るにはちょっと不安でしたが、こちらは回転がスムーズでペダリングがしやすいスポークホイールを採用しています。また、新しいハブ構造を採用し、回転の抵抗が少なく、スムーズにホイールが回転。ペダリングがしやすくなっています。

▲足をかけやすい形に

乗れるようになると、ホークと呼ばれる部分に足をかけるなどちょっとした技も試してみたくなるもの。こちらはホークが平らになっているので足かけもしやすいのが特徴です。

▲ピンク 16インチ/20インチ

▲ダークグリーン 24インチ

トライしてみるとわかりますが、一輪車を乗りこなすのは意外に体力を使い、体幹トレーニングにもなります。もちろんお子さんの使用も可能ですから、親子で体力づくりをするのもいいですね。うまくなってくると、ペアで手つなぎ走行などもできますよ。

>> ブリヂストン「SPINZ(スピンズ)」

(文/&GP編集部)